女優・俳優ネタ

白鳥玉季は演技が下手でわざとらしい?性格が悪い噂を検証

白鳥玉季のプロフィール・経歴

白鳥玉季のプロフィール・経歴引用:もとゆん

まずは話題の白鳥玉季ちゃんのプロフィールと経歴からご紹介します。

名前:白鳥玉季(しらとりたまき)

出身地:東京都

生年月日:2010年1月20日

所属:スマイルモンキー

身長:138センチ

趣味:本を読むこと、詩を書くこと

特技:笑顔、バランスボール、でんぐり返し

デビュー:2011年

家族:両親、妹

白鳥玉季の経歴

白鳥玉季のプロフィール・経歴
引用:TreTopiBOX

次に白鳥玉季ちゃんの経歴もご紹介しますね。

白鳥玉季ちゃんのデビューはなんと、2011年の1歳の時です。

中部電力の企業ポスターのモデルをしていました。

CMのデビューは2014年で、伊藤園の健康ミネラル麦茶「神輿編」に出演しています。

その後2015年には「セイバン天使の羽~母親達の支持編」や「三菱電機~掃除機だったの編」や「レアジョブ~リビング編」などに出演していました。

2016年にはベネッセこどもちれんじの他、ジャパネットたかたにも出演しています。

そして2016年~2018年まで、レギュラー出演とも言える大塚製薬オロナミンCのCMに「藤野ミナ役」で出演し、お茶の間の人気者になっていました。

ドラマは2016年に星野青葉役で、NHK連続小説「ととねえちゃん」に初出演を果たしています。

その他、凪のお暇やテセウスの船などの話題作にも出演し、直近では2020年のNHK連続小説「エール」にも出演していますよ。

子役としてNHK連ドラに2回出演は、さすがの実力派です。

また映画も大宮灯役で出演した2016年の「永い言い訳」を皮切りに多数出演し、直近では2020年に「ステップ」の武田美紀役でも出演していますよ。

以上CMにドラマに、そして映画で大活躍の白鳥玉季ちゃんのプロフィールと経歴のご紹介でした。

白鳥玉季の演技が下手でわざとらしい?

白鳥玉季の演技が下手でわざとらしい?引用:BANBI NEWS

ドラマに映画にCMに引っ張りだこの天才子役、白鳥玉季ちゃんですが、演技が下手でわざとたしいという声も一部である様です。

演技が下手でわざとらしかったら、こんなに活躍しないと思いますが、なぜ?そんな噂があるのかについても検証していきますね。

まず1歳から子役として活躍している白鳥玉季ちゃんですが、映画やドラマへの初出演は2016年のNHK連続テレビ小説「ととねえちゃん」なんです。

CMでの印象が強いので、もっと以前から演技をされているように感じますが、演技の芸歴はまだ4年なのですね。

2020年9月現在が10歳ですから、6歳のときになります。

そこで演技が下手というよりは、慣れていないのではないかと思いますね。

引用:YouTube

フリーライターの林らいみさんが冬ドラマの女優ベスト3の中に、白鳥玉季ちゃんを選んでいますので、コメントをご紹介します。

◆名演賞 白鳥玉季『テセウスの船』

「『テセウスの船』(TBS系列)で主人公の姉・鈴の幼少時代を演じた白鳥玉季は、大人顔負けの演技が光りました。」

引用:女子SPA

個人の感想とはいえ、子役ながら女優ベスト3に入る白鳥玉季ちゃんには女優魂を感じます。

それに演技をしているという感じではなく、自然に感じるという評価が多かったですね。

白鳥玉季ちゃんは演技が下手でわざとらしいどころか、上手というよりは自然に見える様です。

白鳥玉季ちゃんの演技が下手でわざとらしいと言われてしまうのは、大人顔負けの自然な演技にわざとらしさを感じる方がいるという事なのかもしれませんね。

1 2 3