アメトーク

アメトーーク!芸人「金属バット」がイベントをドタキャンした理由は?

アメトーーク!金属バット・芸人

2019年4月25日のアメトーーク!に芸人持ち込み企画プレゼン大会で出演した吉本芸人の「金属バット」。

4月10日に行われる予定だったファンミーティングへの参加を拒否したとして話題になっています。。

 

金属バットはM-1グランプリ2018では準決勝まで進出しましたが決勝へ進めず、敗者復活戦でも7位となり決勝へ勝ち上がることはできませんでした。

しかし、ネクストブレイク芸人として最近最も注目されている芸人のうちの一人ですね。

 

ということで、今回は金属バットについて調べてみました!


金属バットのプロフィール

アメトーーク!金属バット・芸人

金属バットのプロフィールをご紹介します。

左の坊主頭の方がボケの小林圭輔さん、右のロン毛の方がツッコミの友保隼平さん。

続いてそれぞれのプロフィールを見ていきましょう。

小林 圭輔のプロフィールと経歴

名前:小林 圭輔(こばやし けいすけ)
生年月日:1986年3月6日
年齢:33歳(2019年4月現在)
出身:大阪府堺市
所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
担当:ボケ
特技:ルービックキューブ
好き:読書、政治・宗教
コンビ:金属バット
担当:ボケ
備考:大阪NSC29期生

大阪府堺市で生まれる

ちなみに幼稚園が見取り図の盛山さんと一緒だったのだとか笑

それから中学高校と進学。

高校で現在の相方である友保さんに出会う。

高校卒業後は一度就職した経験があるみたい。

がしかし「人前で表現できるような仕事をしたい」とのことから

お笑い芸人の道を目指すようになる。

2006年4月に小林さんと友保さんが大阪NSCにてコンビを結成。

デビュー後はbaseよしもとでオーディションライブやインディーズライブに出演。

当時は先輩芸人の鳥溶岩さんたちとユニットライブ「ごま団子」の開催などしていた。

2012年5月には初単独ライブも行った。

2013年4月youtubeにて自主ラジオ「金属バットのラジオバンダリー」を始める。

このラジオは2018年9月9日まで行われた。

2013年8月には2回目の単独ライブも行った。

2015年に5年ぶりに復活したM-1グランプリに出場。

この時GYAOなどで配信された漫才によってお笑いファンからの注目を集める。

2016年8月には初の東京での単独ライブ「KAZOKU」を開催。

またこの時のゲストには「ランジャタイ」が登場した。

2017年6月には「マヨなか芸人」に笑い飯の西田さんの推薦にて出演。

2018年5月にはyoutubeにて配信されていたラジオの5周年を記念して

単独ライブが行われた。

がこの時物販にて利益を上げすぎたことと、

インディーズライブ(よしもとでは基本禁止されている)ものに

出演していたこともあって厳重注意を受けて、

6月まで吉本公式の仕事がなくなるという事態が起こった。

2018年8月に東京・Loft9Shibuyaにて開催された「渋谷バット9」では

東京・Loft9Shibuyaでの最大動員数、チケット最速完売を達成したという。

2018年のM-1では準決勝に進出し注目を集めるが、

惜しくも決勝進出はならず。

がしかし12月2日に行われる敗者復活戦に出場

 

友保 隼平のプロフィールと経歴

名前:友保 隼平(ともやす しゅんぺい)
生年月日:1985年8月11日
年齢:33歳(2019年4月現在)
出身:大阪府堺市
所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
特徴:出っ歯と長髪
部活:剣道部(高校1年生の時だけ)
コンビ:金属バット
担当:ツッコミ
備考:大阪NSC29期生,見取り図の盛山さんと同級生

 

大阪府堺市で生まれる。

中学高校と進学。

ちなみに中学校の同級生には見取り図の盛山さんがいるみたい。

高校は堺市立工業高等学校に進学し、

そこ現在の相方である「小林さん」と出会う。

また高校1年生の時には

剣道部に入っていたという。

高校卒業後はぶらぶらしていて

親に怒られた経験があるのだとか。

そして2006年4月に

小林さんと友保さんが大阪NSCにてコンビを結成。

デビュー後はbaseよしもとでオーディションライブやインディーズライブに出演。

当時は先輩芸人の鳥溶岩さんたちとユニットライブ「ごま団子」の開催などしていた。

2012年5月には初単独ライブも行った。

2013年4月youtubeにて自主ラジオ「金属バットのラジオバンダリー」を始める。

このラジオは2018年9月9日まで行われた。

2013年8月には2回目の単独ライブも行った。

2015年に5年ぶりに復活したM-1グランプリに出場。

この時GYAOなどで配信された漫才によってお笑いファンからの注目を集める。

2016年8月には初の東京での単独ライブ「KAZOKU」を開催。

またこの時のゲストには「ランジャタイ」が登場した。

2017年6月には「マヨなか芸人」に笑い飯の西田さんの推薦にて出演。

2018年5月にはyoutubeにて配信されていたラジオの5周年を記念して

単独ライブが行われた。

がこの時物販にて利益を上げすぎたことと、

インディーズライブ(よしもとでは基本禁止されている)ものに

出演していたこともあって厳重注意を受けて、

6月まで吉本公式の仕事がなくなるという事態が起こった。

2018年8月に東京・Loft9Shibuyaにて開催された「渋谷バット9」では

東京・Loft9Shibuyaでの最大動員数、チケット最速完売を達成したという。

2018年のM-1では準決勝に進出し注目を集めるが、

惜しくも決勝進出はならず。

がしかし12月2日に行われる敗者復活戦に出場


ファンミーティングをブッチしてドタキャンした理由

アメトーーク!金属バット・芸人

よしもとクリエイティブ・エージェンシーが主催した2019年4月10日に大阪の「COOL JAPAN PARK OSAKA」にて、ファンミーティングが開催されました。

しかし金属バットが、イベント参加を拒否したとして話題になっています。

 

果たしてファンミーティングをブッチした理由は何なのでしょうか。

・ファンミーティングは参加しないとマネージャーに断り続ける

・チーフマネージャーが了承

・4月8日のライブ終わりにやっぱり参加で!と金属バットが知らされる

・4月9日に芸人なのでファンミーティングに参加しないとTwitterで宣言

・4月10日実際に金属バットは参加せず、吉田たち、ヘンダーソンのみでイベントが行われる

どうやらマネージャーには「絶対にファンミーティングには出ない!」と言っていたにも拘らず会社側の都合でブッキングされてしまったので、拒否したということのようですね。

 

なんとイベントのチケット代金は9800円もしたようで、金属バットの小林さんはファンに向け、

「ファンミーティングのチケット買ったのに!ムキー!って方はDM下さい」

と呼びかけていました。


ネットの反応は?

  • 金属バットが観れると思ってチケット買ったファンは間違いなく気の毒
  • 会社と芸人のいざこざにお金出したファンが巻き込まれるのはひどいわ
    よしもとが一番悪いけど、お金出したファンは可哀想
  • 金属バットはファンミとかアイドルみたいな売り方は似合わないからこの対応は正解!
  • 金属バットだからこそのこの尖り方は格好いい!
  • 最高!それでこそ金属バット!

ファンからは擁護や称賛の声が殺到しているようですね。
人気が出ているからこそアイドルのような売り方を会社側はしたいのでしょうが

ファンからすると金属バットはそういうタイプの芸人ではないのでむしろ素晴らしい!
という意見が大半でした。


最後に

今回はアメトーーク!でも話題になった

よしもと芸人金属バットのプロフィール・経歴やファンミーティングイベントをドタキャンした理由についてを紹介しました。

最後までご覧頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です