気になる話

ホテルの備品アメニティってどこまで持ち帰っていいの?持ち帰りOK/NGまとめ

ホテルのアメニティはどこまで持って帰っていいの?

「ホテルに備え付けの備品は、どこまで持って帰れるの?」

旅行によく行く人は一度は聞かれる質問ですよね。

実は、大手ホテル予約サイトのHotels.comが2013年に世界28カ国、8600人以上を対象にアンケート調査をしたところ、全体で3人に1人以上日本人に絞っても実に4人に1人の宿泊客が「持って帰ってはいけないもの」を持ち帰っていると回答したんだそうです。

ちょっと驚きですよね。
それって盗難と一緒ですよね(汗)

今回は、そこでどこからどこまで持ち帰っていいか分からない方も多いと思うので、
お持ち帰りできるアメニティを調べてみました!

逆にこれは、持ち帰ったらNG!一歩間違ったら犯罪というものをあるので

アメニティの持ち帰ってOK&NGをまとめてみました。


持ち帰ってもいいアメニティとは?

<持ち帰りOK!>

「消耗品」の範囲はOK

 答えは簡単です。日本でも海外でも基本的に「消耗品」は持ち帰っても大丈夫というのがホテル側のルールだそうです。
順番に見ていきましょう。

使い捨て歯ブラシ

ホテルのアメニティ, 歯ブラシ

どんなに価格の安いホテル・旅館でも日本では、最低限、置いてあるのは歯ブラシ。こちらはもちろんお持ち帰りOKです。
もちろん海外でも一緒のルールですね。

ホテルの宿泊時に使うのはもちろんですが、気軽に捨てて帰れる使い捨て歯ブラシはいろんな場面で重宝されます。

歯を磨くことはもちろんですが、細かい場所を掃除するにも打って付けです。

洗面所の置いてあるアメニティは基本的にOK

ホテルのアメニティ,洗面台

浴室などにあるアメニティ類。シャンプーや石鹸、ボディソープ、ブラシ、髭剃り用のレザーなどは持ち帰ってもよいそうです。

見分け方として基本的に袋に入っている下記のものはお持ち帰りOKです。

カミソリ、ヘアブラシ、シャワーキャップ、ヘアネット、ヘッドバンド、ヘアゴム、ボディスポンジ、ウォッシュボール、ボディタオル、コットンセット、ヘアクリップ、綿棒、固形石けん、使いきりシャンプー類(ミニボトルやパウチに入っているもの)、使いきり化粧品、入浴剤などなど・・・

「使いきりかどうか」がポイントになってきます。

例えば、シャンプー類もミニボトルで使いきりのものだとお持ち帰りOKですが、大きなボトルに入っているようなものはお持ち帰り不可です。

大きなシャンプーは持ち帰り不可です。大きなシャンプーは持ち帰り不可です。

今回調べた中では、

・ボトルに入ったボディソープやシャンプーの中身を全部抜き取る

・ティッシュボックス内のティッシュを全部持ち去る

そんな猛者が世の中にはいるそうです。
さすがにこれは、NGですね(汗)

ボディタオルなども袋に入っているものはOKですが、バスタオルやフェイスタオル、バスマット、バスローブなどはお持ち帰り不可です。

宿泊者が持ち帰ってよいかよく迷うのが、パジャマ、タオル、バスローブなどのリネン類のようですが、これはNG

ホテルではリネンは繰り返し洗濯して使っていますので「記念品に」などといって旅行鞄にしまい込むのは盗難なので止めましょう。

ただ、温泉旅館などによく置いてあるのですが、巾着袋などにセットされていて、施設名が入っている薄いタオルなどはお持ち帰りOKのことが多いそうです。
迷った時は気軽に施設の人に確認してみてください。

※海外のホテルの場合、タオルは基本的に持ち帰り禁止なことが多いです。


ブルーナ ミッフィー 低反発
ネックピロー
飛行機に乗るときに可愛いネックピローがオススメ♪

使い捨てスリッパ

ホテルのアメニティ,スリッパ

袋に入ったスリッパもお持ち帰りOKです。

ホテル内で使わない場合は是非持って帰ってみましょう。長距離移動の際、飛行機やバスなどではとても重宝します。

ぺらぺらのスリッパは海外の高めのホテルでもありますが持ちかえりOKです。

 

ランドリーバックやシューシャインペーパー

ホテルのアメニティ,ランドリーバッグ

ランドリーバックは洗濯物をフロントに預けて洗濯してもらうために入れる袋ですが、これもお持ち帰り可能。自分の着替えなどを入れたりするのに便利です。

シューシャインペーパーは部屋の入り口付近やクローゼット内にあることが多いのですが、靴の汚れを落とすのに便利なアイテム。

いつどこで汚れるか分からないので、かばんの中に潜ませておくのもいいかも。
そういえば海外ではシューシャインペーパーって見かけないですね。

そう考えると日本のホテルのおもてなしは素晴らしいですね。

お茶、ドリップコーヒー、フレーバーティー

ホテルのアメニティ,お茶やコーヒー

1杯用の袋に入ったお茶、紅茶、ドリップコーヒー等は、有料の記載がない限り、持ち帰りOKです。

ホテルで飲む時間が無かった人は持って帰って、家や会社で飲むのもいいかもしれませんね。ちょっと高めのホテルだと普段飲まないような珍しい種類が置いてあることも多いのでトライするのもいいかも。

√<持ち帰りNG>
1.バスローブ、タオル類

ホテルのアメニティ, バスローブやタオル

ホテル滞在のときに一番必ず用意があるものかもしれませんね。ホテルのタオルってふわふわで真っ白で、ついつい一枚くらい持って帰りたくなっちゃうもの。でも海外でも国内でもあなたは日本代表です!その気持ちを忘れないでくださいね。

海外では、こっそりカバンに入れてもチェックアウトの時に清掃スタッフが部屋をチェックしに行くこともあるので、指摘されて恥ずかしい思いをしてしまうことがあるかもしれません。

灰皿、栓抜き

ホテルのアメニティ,灰皿

これまた持って帰りたくなっちゃいますね。ホテルの灰皿は、なんかおしゃれだし、ちょうど新しいものが欲しくなってたんだよね〜という具合に。その気持ちはわかりますよ。

しかし基本的には小さな消耗品グッズ以外はホテルの備品です。持って帰らないようにしましょう。

グラス、カップ類

ホテルのアメニティ,グラスやカップ

いくら可愛いカップだったとしてもダメ!中には高額な備品を持って帰ると後から請求書が送られてくる、なんていうパターンもあるので気をつけましょう。

海外のリゾートホテルのコーヒーカップって確かにオシャレなんだよなぁ。。。

ドライヤー

ホテルのアメニティはみんな持ち帰ってる?

ドライヤーももちろんNGですね。
昔はホテルのドライヤーは洗面室などに壁付けにして盗難にあわないようにしてましたが、今はそのまま置いてある場合が多いですね。
ドライヤー自体の価格が安くなったせいらしいですが、壁掛けって確かに使いづらかったかも。。。

置いてあるからといって持ち帰っちゃダメですよw


あずきシリーズ アイピロー うさぎ アイマスク

海外旅行にオススメ♪

テレビ

ホテルのアメニティはみんな持ち帰ってる?

海外に眼を向けると部屋に置いてあるテレビをダンボールに入れて代車で持って帰ってしまう人までいるそうです。
もはや完全に窃盗団ですよね。。。

でもクレジットカードで予約してたら、後から請求されちゃいそうw

時計

ホテルのアメニティはみんな持ち帰ってる?

海外のホテルには置き時計はあまりないですが、日本のビジネスホテルにはたまにありますね。

この置き時計も当然持っていったらダメですよ。

雑誌類

ホテルのアメニティはみんな持ち帰ってる?

これは日本の例ですが、マガジンラックにある雑誌が丸ごと全て抜かれて持って行かれてしまったことがあるとか。
新聞や雑誌は宿泊客みんなで読むために置いてあるホテルの備品です。
当年持ち帰りはNGです。

最後に

今回は「ホテルの備品アメニティってどこまで持ち帰っていいの?持ち帰りOK/NGまとめ」というテーマでした。

いかがでしたでしょうか?

せっかくの旅行ですから最後まで楽しみたいですね。
個人的には荷物が増えるのでホテルの備品は、何も持ち帰らない派です^^

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です