気になる話

新元号「令和」決定!誰がどうやって決めるの?意味や由来は?いつから?

新元号は令和に決定

いよいよ平成が終わりますね。
そしていよいよ、2019年4月1日に新元号が発表されました。

2019年5月に皇太子が天皇陛下になられる即位の礼が行われて、【平成】が終わり【令和】になります。

ところで、新元号【令和】は誰がどうやって決めているのでしょうか?
今回、新たに決まった新元号【令和】についてどう決まったのか調べてみました。


新元号【令和】決定!誰がどうやって決めてるの?

元号の発表は天皇陛下の承認を持って確定されます元号の選定条件は 6 つある

『年号の歴史』( 1996 年雄山館発行)によると、元号の選定条件は 6 つだそうです。

また元号に関しては、「元号選定手続きについて」という文書によって規定されています。

1. 国民の理想としてふさわしいようなよい意味を持つものであること。

2. 漢字2字であること。

4. 読みやすいこと

5. これまでに元号又はおくり名として用いられたものでないこと。

6. 俗用されているものでないこと。

 

以上の条件を満たしていなければなりません。

また、いろいろな文書に元号のアルファベットの頭文字が略号として使われています。
明治はM、大正はT、昭和はS、平成はHというように。このために、この4文字以外のアルファベットを頭文字にした元号になりました。

現在の元号を決める際は、「平成」のほかに「修文」と「正化」という候補が出ており、ローマ字表記の頭文字が昭和と同じ「 S 」で不都合なのではないかという意見が出たため、全員一致で「平成」に決まったそうです。

元号は誰がどうやって決めるの?

平成の次の新元号が発表されました

もともと元号は中国・漢の武帝の時代にできた制度であり、朝鮮半島から日本へ伝わってきました。しかし現在では、元号を使用しているのは日本のみです。

 

日本には元号法という法律があり、元号は皇位継承があった場合に適用され、新たな元号に変わります。今回のように天皇陛下が生前退位し、皇位継承をなさるかもしれない場合も例外ではありません。

 

明治以降は天皇一代につき元号一つという「一世一元の制」が適用されてきましたが、明治以前はめでたい動物が見つかったり大震災が起こった後など、吉事凶事によって元号が変わることもあったそうです。


現在の元号「平成」は陽明学者が考案し、閣議決定された

平成が新元号になった際の発表の方法

年号は誰がどのように決めるのでしょうか?
元号法では元号を政令で定めるとしているだけで、実は具体的な決定方法は定められていません。「平成」の元号が決まる際は下記の手順で決まりました。

  1. 漢文学や国文学関連の大学教授ら有識者が候補を考案
  2. 内閣官房長官が選定
  3. 閣議で協議
  4. 国民を代表する形で衆参両院議長の意見を聞く
  5. 閣議で決定

「平成」という元号は安岡正篤という陽明学者が考案したもの。
「内外、天地とも平和が達成される」という意味だそうです。
今回、皇位継承が正式に決まったことで、有識者たちが集められ決定されました。

これまでの大正・昭和・平成といった年号(元号)は理由なく漢字二字を組み合わせて決められたわけではありません。きちんとした学術的な根拠があります。


「昭和」は「百姓昭明、協和万邦」という意味
が、「平成」は「地平天成、六府三事允治、万世永頼、時乃功」という意味がそれぞれ凝縮されています。

これはプロの学者でないと提案出来ません。

ちなみに、昭和」という年号(元号)を決めるときは、政府が漢学者で宮内省図書寮の編修官であった吉田増蔵氏に元号選定にあたるように命じたようです。プロ中のプロの漢学者が選定を任されたということです。

平成」は山本達郎という東洋史学者が提案しました。
昭和末年から、政府より昭和天皇崩御を想定した「新元号」について委嘱を受けていたようです。

ちなみに、「平成」の他には、「正化」という案も浮上していたとか。

漢学者や考古学者など、その筋に詳しいプロの学者さんが選定を任されるようですね。

今までの流れとしては、学者さんの提案をもとに政府が審議をし、最終決定は天皇陛下ということになります。

新元号「令和」の意味、由来は?

新元号は令和に決定

新元号は【令和】と発表されました。

新元号は、れいわと読みます。

新元号に込められた意味を知ったうえで、新時代を生きていきましょう。

新元号・令和の意味、由来は?

新元号の「令和」の意味や由来が安倍総理から発表されました。

新元号が令和となった出典は、日本最古の和歌集「万葉集」です。

由来は万葉集 梅の花32首の序文からということです。

 

初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す

 

から引用されました。

 

意味は人々が美しく心寄せ合う中で文化は花開くという意味が込められています。

 

安倍首相が直々に新元号「令和」に関し

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」

と述べていました。

新元号「令和」のグッズが人気

新元号「令和」にまつわるグッズがすでに大量に作られ、販売されるようです。

新元号発表後1分20秒でできてしまうようですね。

新元号「令和」はいつから?

即位の礼をもって天皇陛下に即し、新元号へと変わります。平成天皇の即位の礼の様子

2019年5月に皇太子が天皇陛下になられる即位の礼が行われて
【平成】が終わり【令和】になります。

新元号の決定の流れ     新元号「令和」の決定の流れ


ネットの反応は?

新元号「令和」が発表され、ネット上でも様々な意見が飛び交っていますね^^

今回、新元号「令和」が発表されたことでネット上では様々な意見が飛び交っています。

・「微妙じゃね?」
・「なんかしっくりこない」
・「なんかダサくね?」
・「言いづらいね」
・「前までの年号とくらべて~(略)」

言いにくいという声もある一方で、慣れてくると響きが良いという意見も出ていますね。

今後、新元号「令和」も評価はまだまだ続きそうです。


最後に

今回、いよいよ平成が終わるということで、新元号「令和」が発表されましたね。

新元号が決定された経緯、意味、由来をまとめました。

また、誰が新元号を決めるのかについても新たな発見でしたね。

いよいよ5月1日から新元号[令和]が始まりますが、ワクワクしますね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です