気になる話

2019年第37回調布花火は台風や雨天時には中止?順延・延期はある?

映画のまち調布花火2019(第37回調布花火)は雨の場合、順延はある?中止?

毎日暑い日が続きますね。

お盆休みに入り、連休を楽しんでいる方も多いですが、台風10号が近づき西日本を中心に日本列島は大騒ぎですね。

夏休みの一大イベントと言えば、花火大会ですが、東京で一番人気の花火大会と言えば映画のまち調布花火2019(第37回調布花火)です、

2019年9月7日開催予定の映画のまち調布花火2019(第37回調布花火)は

東京都調布市で開催される毎年恒例の花火大会で、例年約30万人以上の観客でにぎわいます。今年に予定されている花火の打上玉数は約10,000発です。

映画のまち調布花火2019(第37回調布花火)は雨や台風の場合、開催されるのでしょうか?

映画のまち調布花火2019(第37回調布花火)は雨や台風の場合、中止なのか、延期・順延されるのか、調べてみました。

映画のまち調布花火2019(第37回調布花火)とは

映画のまち調布花火2019(第37回調布花火)は今年で37回目を迎える、多摩川河川敷を舞台にした関東屈指の花火大会です。

例年約30万人以上の観客でにぎわい、今年予定されている花火の打上玉数は約10,000発です。

最大8号の大玉を中心とした大スターマインなどバラエティ豊かな花火が打ち上げられます。中でも、調布が元祖といわれる「ハナビリュージョン」はコンピューター制御により音楽と花火が完全にシンクロし、映画音楽を基調にしたプログラムが繰り広げられるそうです。

多摩川の雄大な自然を背景に、夜空を彩る華麗な景色が人気のようですね。

【打ち上げ数】
約1万発

【例年の人出】
約30万人

【屋台・露店】
あり

映画のまち調布花火2019(第37回調布花火)は雨や台風の場合は中止?延期や順延はある?

2019年9月7日開催される映画のまち調布花火2019(第37回調布花火)は雨や台風の場合は順延や延期になるのでしょうか。

映画のまち調布花火2019(第37回調布花火)は中止の場合、有料席の返金払い戻しはある?

 

2019年9月7日開催される映画のまち調布花火2019(第37回調布花火)は荒天で中止の場合、有料席の払い戻しについてはどうなのでしょうか?

チケットの払戻し

  • 花火を中止した場合(花火打ち上げ後の中断は含みません。)のみ、チケットの払戻しを承ります。
    ※払戻しは、購入した店舗でのみ可。払戻しにはチケットが必ず必要。
  • 交通事情等による延着・未着の場合も、払戻しを承ることができません。
映画のまち調布花火2019(第37回調布花火)は中止の場合のチケット返金は公式サイトにて発表があると思われます。
<

まとめ

映画のまち調布花火2019(第37回調布花火)が雨や台風の場合、中止か延期か開催か?について情報をまとめてみました。

  • 映画のまち調布花火2019(第37回調布花火)は台風や雨の場合は中止。
  • 映画のまち調布花火2019(第37回調布花火)の有料席の払い戻しは中止の場合のみ返金

 

都内の花火大会で人気のある映画のまち調布花火2019(第37回調布花火)。

毎年30万人以上の人がこの調布花火を楽しみに見に行きます。

雨で中止とならず開催して欲しいですね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です