気になる話

【2020年末年始休み】成田空港の混雑予想と出発ピークは?保安検査場やチェックインカウンターも激混み?

【2019-2020年末年始休み】関空(関西国際空港)の混雑予想と出発ピークは?保安検査場と出発カウンターは?

【2020-2021】2020年の年末年始はいつからいつまで?

まずは、年末年始休みの一般的な期間についてです。 公務員や官公庁、独立行政法人などの年末年始休みは、法律によって日にちが定められています。

これによると、毎年12月29日〜1月3日までがお休みとなっています。 つまり、6連休ですね。 公務員だと、休みがあらかじめ決まっているかと思いますのでスケジュールを立てやすいですね。 民間企業でも、公務員の休みに合わせるところが多いですね。

2019年の12月29日は日曜日、28日は土曜日なので、28日から休みになる企業が多いのではないでしょうか。 また、2020年の1月3日は金曜日です。 必然的に4日の土曜日・5日の日曜日も休みになります。

つまり、年末年始休みは12月28日から1月5日までの9連休です。 有給を使える方は12月27日や26日を休んで10連休、11連休にする方もいるでしょうね。 2019年の年末年始はいつからいつまで?

【2020-2021】年末年始の成田空港の出発ピークはいつ?

2020年の年末から2021年の年始にかけてで成田空港が込み合う時期はいつでしょうか。

感覚的になりますが年末の12月28、29、30日あたりは混み合っている印象ですね。 実際に2018-2019年の年末年始がどうだったのか調べてみると以下の記事が見つかりました。

成田国際空港(NAA)は2018/19年末年始期間中、旅客ターミナルや駐車場の混雑が予想されることから、公共交通機関の利用を勧めています。保安検査場での混雑も見込まれており、空港を利用する際は、時間に十分な余裕を持つことも呼びかけています。 成田空港での出発ピークは12月29日(土)で55,200人、到着のピークは2019年1月3日(木)で49,500人との予測を発表しています。 引用:fly teamニュース

2018年の年末は12月29日が出発のピークだったようですね。

やはり、どうせ海外に行くのであれば、最大限休みを有効活用したいということで、12月29日に集中するようですね。 また2018年−2019年年末年始のJAL,ANAそれぞれのピーク日発表では以下となっていました。

日本発のピーク日 JALは12月29日 ANAは12月28日、29日。 日本着のピーク日は JALは1月5日、6日 ANAは1月5日、6日 と発表した。

  例年、出発のピークは12月29日、到着のピークは1月3日ですが、 2019−2020年の年末年始休みは場合は、9連休の方が多いので 例年、出発のピークは12月28日(土)〜29日(日)、到着のピークは1月4日(土)〜5日(日)だと思われます。

1 2 3