気になる話

口座維持手数料実施はいつからでいくら?対象の銀行は?ゆうちょ・UFJ・みずほ・三井住友

口座維持手数料実施はいつからでいくらかかる?対象の銀行は?

口座維持手数料を銀行が導入するという話題が大きく取り上げられていますね。

本当に日本でも口座維持手数料が導入されるのでしょうか。

今回はいつから口座維持手数料が導入されるのか、また口座維持手数料が導入される場合、いつからでいくらなのか、また対象の銀行はどこなのか調べました。

口座維持手数料導入を検討

口座維持手数料実施はいつからでいくらかかる?対象の銀行は?ゆうちょ・UFJ・みずほ・三井住友

大手を中心に各銀行が、口座を持っているだけで預金者に手数料を課す「口座維持手数料」の導入を検討している。日銀の大規模な金融緩和による低金利政策が長期化し、経営が苦しい銀行は新たな収益源を探っている。導入されれば、金融緩和の副作用のツケが預金者に回ることになる。 (森本智之)

 口座維持手数料の議論の口火を切ったのは、三菱UFJ銀行出身で日銀の審議委員を務める鈴木人司氏だった。八月に熊本市で行った講演で、マイナス金利で悪化する銀行の収益を改善するため「金融機関が預金に手数料を課すことも考えられる」と発言。みずほ銀行の藤原弘治頭取も十月の本紙の取材に「口座維持手数料にかかわらず(手数料の設定は)常に研究している」と、検討を認めた。

 日銀が二〇一六年にマイナス金利政策を始め、市場の貸出金利は極めて低く誘導されている。銀行が利ざやで稼ぐことは難しくなり、現金自動預払機(ATM)の振込手数料の値上げなどが相次ぐ。

 だが、銀行幹部の一人は「(対象者が限定される振込手数料の値上げと)口座を持つだけでお金を取るのは別次元」と話し、口座維持手数料への預金者の反発を懸念する。

引用:東京銀行

口座維持手数料の導入はいつから?

口座維持手数料実施はいつからでいくらかかる?対象の銀行は?ゆうちょ・UFJ・みずほ・三井住友

口座維持手数料の議論の発端は、2016年民間銀行が日銀に預けている預金金利をマイナスにしたことから始まりました。
日銀のマイナス金利により、民間銀行の経営が厳しくなり、経営を維持するために2017年に『口座維持手数料』の導入が検討されました。

2019年現在、まだ『口座維持手数料』の導入は行われていませんが、2019年9月に三井住友信託銀行の橋本社長が「マイナス金利が拡大されるなら三井住友信託銀行としても検討する」との発言をしたことから、近年中の『口座維持手数料』の導入が予想されています。

口座維持手数料実施はいつからでいくらかかる?対象の銀行は?ゆうちょ・UFJ・みずほ・三井住友

ただ、2019年10月31日の日銀のコメントでは「2020年春ごろまでは現在の低金利を維持する」との発表のため、『口座維持手数料』の導入も早くて2020年春ごろになりそうです。

口座維持手数料はいくらから?0円でも必要?

また、どうやらメガバンクの場合、残高が5万円以上ある場合は口座維持手数料が発生しないようですね。

また詳しい導入時期については、わかり次第追記します。

口座維持手数料はいくらかかるの?

口座維持手数料』が導入された場合、1口座あたりいくらになるのでしょうか?

日本では今まで銀行口座の作成や維持は無料でしたが、欧米では既に『口座維持手数料』が導入されています。

アメリカの例では、「US bank」という銀行は月に約760円。
イギリスでは、「Santander」と言う銀行で月700円となっています。
月額で700円、1年だと8400円。
それなりにかかりますね。

ただし、どの銀行でも毎月一定金額以上の口座残高(多くが約10万円程度以上)があれば『口座維持手数料』は無料になる制度や、金利でペイできることもありますので、賢く口座を使うことによって、手数料は減らせます。

ただ、日本ではほぼ金利がない状態です。

この状態での口座維持手数料導入は銀行に預ければ預けるほど、お金が減っていくことになりかねないですね。

日本では月いくらになるのか?はまだわかりませんが、欧米やヨーロッパより高額になることはないと思われます。
振込手数料などと合せて考えると、1口座月100〜500円前後が妥当と予想しています。

口座維持手数料はいくらから?0円でも必要?

いずれにしても、今後『口座維持手数料』の導入までに眠っている「休眠口座」の整理・解約をする必要がありますね。

口座維持手数料を導入する銀行はどこ?ゆうちょ・UFJ・みずほ・三井住友

口座維持手数料実施はいつからでいくらかかる?対象の銀行は?ゆうちょ・UFJ・みずほ・三井住友

口座維持手数料を導入する対象の銀行はどこなのでしょうか?

2019年11月13日現時点では日本の3大メガバンク

  • 三菱UFJ
  • 三井住友
  • みずほ

が『口座維持手数料』の導入を検討しています。

ゆうちょやその他の銀行では『口座維持手数料』の導入については言及されていません。

ただ、日銀のマイナス金利製作で経営ダメージを受けているのは大手メガバンクだけではないため、地方銀行なども『口座維持手数料』を導入してくるのは間違いないと思われます。

2019年11月13日メガバンク各社で中間決算会見があります。
この会見で三菱UFJ,三井住友(SMBC)、みずほがそれぞれ口座維持手数料の導入について言及するのではないかと言われています。

詳しい言及内容について中間決算会見後に追記していきます。

残高0でも口座維持手数料は必要?

口座維持手数料実施はいつからでいくらかかる?対象の銀行は?ゆうちょ・UFJ・みずほ・三井住友

実際に口座維持手数料が導入された場合、残高0円でも手数料が発生するのでしょうか。

実際に海外の銀行を例に見ると残高0円でも口座維持手数料は発生します。

なので、残高がマイナスになるということですね。

口座維持手数料が発生しマイナス残高の場合、追加で入金するとマイナス分は入金で相殺されます。

しかしあまりにもマイナス残高が続き、口座が一定期間放置された場合、口座は休眠口座と見なされ、凍結されてしまい、さらにしばらく放置すると口座そのものを消去されてしまいます。

日本も口座維持手数料を導入する場合、同じような流れになると思われます。

口座維持手数料導入でおすすめの銀行はどこ?

それでは、口座維持手数料を大手銀行が導入することを検討している中で、私たちはどこの銀行に預金を移し替えれば良いのでしょうか?

調べた限り、やはりネットバンクがオススメとなります。

現段階で筆者おすすめの銀行は以下になります。

  • 楽天銀行:0.02%
  • あおぞら銀行BANK支店:0.20%
  • SBJ銀行:0.02%

この3銀行はネット銀行なのですが、普通預金の金利がなんとメガバンクの20倍にもなるのです。

100万円預けていればなんと1年間で1,800円の金利が入ってくることになります。

これは大きいですよね。

今後、口座維持手数料が導入された場合、このようなネットバンが増えてくると思われます。

それでは、なぜネット銀行の金利が高いのか?

それはリアル店舗がなく、人件費が極端に安く、預金者に還元できるからなんです。

無駄な人件費を可能な限りカットしているので、このような高金利を提供できるのですね。

口座維持手数料導入でネットの反応は?

口座維持手数料実施はいつからでいくらかかる?対象の銀行は?ゆうちょ・UFJ・みずほ・三井住友口座維持手数料の目的は?どこの銀行で導入?

やはり口座維持手数料導入で不満の声が多く挙がっていますね。

  • 口座維持手数料は休眠口座対策だから
  • ん? #口座維持手数料 ? そんなの導入したら預けてるだけでお金減るじゃん。 タンス預金でもしろと? #楽天銀行 の普通預金金利0.1%が神に見えてくるよ。
  • 昔はジャパンネット銀行も取ってたんだけどね #口座維持手数料
  • 口座維持手数料ありえない。預けてるだけでお金取られるんだぜ。冗談でしょ。
  • 口座維持手数料とか取られるようになるなら、解約して賃金全額手渡しにしてもらうわ。
  • まぁ困るは困るけども… 大昔の原始の銀行に戻るだけじゃろ… 嫌ならタンス貯金しとけば? #口座維持手数料
  • 海外のように口座維持手数料真似るなら24時間同行宛て送金無料かつ即着金も導入してね
  • 口座維持手数料が話題だが、そういや忘れてたが利子は現代どうなってるんだ?数年前に一度利子が付いた気がしたが、それ以降付いてない気がする。ググるか
  • 口座維持手数料取るなら口座解約しか道はないな
  • そういえば、SMBC系の信託銀行、月2千円くらいの口座維持手数料取っていなかった?
  • 口座維持手数料に消費増税。もう地域通貨だけを使って国や金持ちにお金が回らないようにしよう。ブロック経済だ。
  • 口座維持手数料の話で盛り上がっていますが、預金通帳に確か印紙代掛かっていたはず。 (その印紙代は銀行が出していはず) 反対に、ネット銀行はそれが無い。(今の所は)
  • 口座維持手数料か〜〜みずほとUFJ解約しよかな 奨学金の振り込みはゆうちょがたしかできなかった?から仕方なしにUFJ口座作ったんだけど 今ゆうちょだけで事足りてるしなあ〜〜
  • 銀行で口座維持手数料がかかるようになるらしい
    口座保有してたらかかるのか貯金してたらかかるのか
    どっちにしろNot wanted!みずほ 三井住友 三菱 とか


口座維持手数料実施はいつからでいくらかかる?対象の銀行は?ゆうちょ・UFJ・みずほ・三井住友

海外の銀行も口座維持手数料はありますが、海外銀行の場合は口座維持手数料がかかる代わりに引き出しや他校利用手数料無料なんですね。

確かに日本も口座維持手数料を導入するなら同じようにして欲しいですね。

口座維持手数料実施はいつからでいくらかかる?対象の銀行は?ゆうちょ・UFJ・みずほ・三井住友 口座維持手数料実施はいつからでいくらかかる?対象の銀行は?ゆうちょ・UFJ・みずほ・三井住友

現在の低金利政策の結果の不景気なので口座維持手数料導入は現政権に不満を言うべきという意見もあります。

口座維持手数料実施はいつからでいくらかかる?対象の銀行は?

そもそも銀行そのものがいらないのでは?という意見も出てきます。

口座維持手数料実施はいつからでいくらかかる?対象の銀行は?

口座維持手数料導入で、やはりネットバンク推しの意見も多いですね。

口座維持手数料実施はいつからでいくらかかる?対象の銀行は?

さすがにこのような高金利は少し怪しいですね。
ただ、年利5%くらいの高金利な銀行は海外には多数ありますね。

口座維持手数料はいつから?いくらかかる?対象の銀行まとめ

今回は日本で導入が検討されている口座維持手数料についてでした。

今後、確実に日本のメガバンクで導入されることが予想されるため、いつからなのか?またいくらかかるのか気になりますね。

本間は随時追記・更新していきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。


 

ABOUT ME
daiki
都内に住む30歳です。 アメリカ留学を経て、日本人がもっと誇りを教育を考えねばと思い、活動開始。 日本から世界へ日本文化、英語教育、成長論などを気ままに語って行きます。 英語を学ぶと世界が広がる! 海外もガンガン行きます^^ 趣味はジョギングと読書。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です