話題のニュース

大阪堺のバイクあおり運転裁判、”殺人罪”を認定 懲役16年の判決「はい終わり」

大阪府堺市で去年、あおり運転の末にバイクに追突し、大学生を殺害した罪に問われた中村精寛被告(40)の裁判が行われ、大阪地裁堺支部は殺人罪を認定し、求刑18年に対し懲役16年の判決を言い渡しました。




殺人罪と認定

堺市南区で昨年7月、大型バイクに「あおり運転」をした末に車で追突し、バイクの男性を死亡させたとして殺人罪に問われた元警備員の中村精寛(あきひろ)被告(40)に対する裁判員裁判の判決が25日、大阪地裁堺支部であった。安永武央裁判長は殺人罪を適用し、懲役16年(求刑懲役18年)を言い渡した。

判決内容

起訴内容は昨年7月2日夜に車を運転中、大学4年の高田拓海さん(当時22)=堺市西区=運転の大型バイクに車の前方に入られたことに立腹。

高田さんを死亡させるかもしれないと認識しつつ、故意にバイクに衝突したというもの。公判では被告の殺意が争点となったが、判決は殺意を認定した。
検察側は論告で、被告が車を加速させて猛スピードでバイクを追跡し、回避を試みずに衝突したとして殺意は明らかだと主張。
「まれにみる殺人運転」で「あおり運転や交通トラブルが後を絶たない現状の中で、厳しい処罰を社会が求めている」としていた。

一方、弁護側は被告が高田さんの運転に腹を立てたことはないとして、あおり運転を否定。追突についても「衝突の1秒前にバイクに気づいてブレーキをかけたが、間に合わずに衝突した」として過失による事故だったと主張し、殺意を否定していた。

ABOUT ME
daiki
都内に住む30歳です。 アメリカ留学を経て、日本人がもっと誇りを教育を考えねばと思い、活動開始。 日本から世界へ日本文化、英語教育、成長論などを気ままに語って行きます。 英語を学ぶと世界が広がる! 海外もガンガン行きます^^ 趣味はジョギングと読書。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です