話題のニュース

【新潟で雪崩】外国人3人が被害に!フランス人男性死亡!現場の場所は?

25日午後、新潟県妙高市のスキー場のコース外でスキーをしていた外国人の男性が雪崩に巻き込まれ、意識不明の重体となっています。

[quads id=1]

外国人男性が雪崩に巻き込まれて被害に

25日午後2時ごろ、新潟県妙高市のスキー場「ロッテアライリゾート」のコース外でスキーをしていた外国人の男性が雪崩に巻き込まれたとスキー場から警察に通報がありました。
スキー場のパトロール隊がおよそ30分後に男性を救助しましたが、意識不明の重体となっています。

男性は約10分後に心肺停止の状態でスキー場のパトロール隊に発見され、県警のヘリコプターで救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

被害者の身元は?

妙高署は、死亡したのは50歳くらいのフランス人男性とみて身元を調べているそうです。

今後、身元がわかりましたら更新していきたいと思います。

[quads id=1]

事故のあったスキー場は?

>
ロッテアライリゾート
所在地 新潟県妙高市両善寺
高低差 951m(膳棚リフト終点1280m・ゴンドラ乗場329m)
滑走可能面積 2.12㎢
コース数 14コース(ビギナー25%、中級40%、上級35%)
オフピステ 8エリア 1.608㎢(中級10%、上級者90%)
最長滑走距離 5.2km(ベアバレー・妙高ロングラン・タテガミ・ウマノセ)
リフト数 5基(ゴンドラ1・ペアリフト2・クワッドリフト2)

事件現場は?

警察によりますと、男性は50代のフランス人とみられ、ほかの2人の外国人とスキー場のゴンドラで大毛無山の山頂まで登り、コース外の南側斜面を滑っていたところ、雪崩に巻き込まれたということです。

現場は標高約1300メートルでスキー場の管理区域外に位置し、大毛無山の南側斜面。
外国人3人が滑走中に雪崩が発送したそうです。

雪崩は幅約30メートル、深さ約1~5メートル、長さ約300メートルの規模で発生したとのことです。

[quads id=1]

報道は

警察によると、25日午後1時59分ごろ、新潟県妙高市のスキー場「ロッテアライリゾート」から、「大毛無山の南側斜面を外国人3人が滑走中、1人が雪崩に巻き込まれた」と通報があった。

その後、パトロール隊が午後2時10分ごろ、心肺停止の1人を発見したという。残る2人は無事が確認されている。

警察やスキー場によると、スキーヤーはコース外を滑走している際に雪崩に巻き込まれたとみられている。

最後に

人気のスキー場で起きた雪崩の事件で、なぜコース外に外国人が紛れてしまったのか謎ですね。
コース外だと雪崩が起こることもありますが、他の被害者の容体が心配ですね。

ABOUT ME
daiki
都内に住む30歳です。 アメリカ留学を経て、日本人がもっと誇りを教育を考えねばと思い、活動開始。 日本から世界へ日本文化、英語教育、成長論などを気ままに語って行きます。 英語を学ぶと世界が広がる! 海外もガンガン行きます^^ 趣味はジョギングと読書。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です