気になる話

スペイン帰り八戸市新型コロナ感染の70代夫婦は誰で名前は?行動経路や入院先の病院はどこ?【青森県新型コロナウイルス感染者】

八戸市新型コロナ感染の70代夫婦の誰で名前は?行動経路や入院先の病院はどこ?【青森県新型コロナウイルス感染者】

スペイン帰り八戸市の70代夫婦が新型コロナウイルスに感染

青森県内に住む70代の夫婦が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。青森県で感染が確認されたのは初めてです。

青森県によりますと、新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは青森県八戸市内に住む70代の夫婦です。

夫は今月9日から15日にかけてスペイン旅行に行ったあと16日に成田空港に到着し、新幹線で八戸市に戻りました。

引用:NHK NEWS WEB

 

日本国内で次々と新型コロナウイルスの感染者が確認されています。

今回、青森県内では初めて新型コロナウイルスが確認されました。

近隣住民からは不安の声も届いています。

これまでは他の地域の話だと思っていても自分の住んでいる地域まで感染となるとやっぱり怖いですよね。

感染が確認されたのは、スペイン旅行から帰国した青森県八戸市在住70代の男性、そして妻です。

毎日のように新たな感染者の情報が出て、また一気に感染拡大していますね。

新型コロナウイルスの感染拡大が非常に心配です。

スペイン帰り八戸市新型コロナ感染の70代夫婦は誰で名前は?行動経路は?青森県新型コロナウイルス

青森県八戸市で新型コロナウイルス感染が確認されたのは、70代の夫婦です。

新型コロナウイルスに感染した70代の夫婦の名前などは公表されていません。

夫が3月9日から15日までツアーでスペイン旅行に行っていて、16日に成田空港に帰国後、東北新幹線を利用して八戸駅利用、そしてタクシーで、八戸市内の自宅に帰っています。

70代夫婦の経過はこの様に報道されています。

夫は18日に、妻は19日に発熱。
19日にそれぞれ市内の別の医療機関を受診した。

 その後、夫は体調が回復したが、妻は発熱が続き、22日に市内の別の医療機関を2人で受診。

同医療機関が市保健所内の「帰国者・接触者相談センター」へ報告し、23日に2人の検体を県環境保健センターに搬送。PCR検査を実施し、陽性反応が出た。

引用:デーリー東北

この新型コロナウイルスの感染が判明した70代男性の地元の「デーリー東北」の報道によると、この70代男性と一緒にスペイン旅行に参加していた三八地域在住の男女が9人についても、健康状態の確認を急いでいるという事です。

青森県新型コロナ感染の70代男性のまとめ

●70代男性
●八戸市在住
●スペイン旅行から帰国後、発症
●会社経営

となると、入院先はどこの病院なのでしょう。

 

1 2 3 4 5

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です