話題のニュース

佳子さま炎上の理由は?眞子さま結婚問題発言で秋篠宮殿下「うつ病」に!

佳子さま, 批判,結婚,秋篠宮

美しすぎる皇族として人気の秋篠宮家の佳子さまですが

その美しさにも注目が集まり、ネット上でもかわいいと話題になっていました。

しかし、「姉の眞子さまと小室圭さんの結婚に関する事」で発言した「一個人の希望として」発言が波紋を呼び炎上しています。

宮内記者会の質問に文書で回答した内容は、宮内庁の助言を拒み独断で行ったことが分かり波紋を呼んでいます。

今回は秋篠宮家の佳子さまの発言内容と、秋篠宮殿下の鬱病についてまとめました。

圭殿下,皇族入り,皇族費,眞子さま
女性宮家創設?眞子さまと結婚で小室圭殿下誕生に反対なのは嫌いだから?平成から令和になりましたが秋篠宮家を始め、日本の皇族はゴタゴタしてますね。 そんな中、女系天皇容認論と共に女性宮家創設の話が出てき...




佳子さまの発言とは

佳子さま, 批判,結婚,秋篠宮

2019年3月22日、秋篠宮家の次女・佳子さまが国際基督教大学(ICU)を卒業されました。
その際の宮内記者会の質問に佳子さまが文書で回答した内容が波紋を呼んでいます。

私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。

ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています」

〈メディア等の情報を受け止める際に、情報の信頼性や情報発信の意図などをよく考えることが大切〉

出典:Yahoo!ニュース

つまり、秋篠宮様(ご両親)の意見とは正反対の発言をされたわけです。

更にこれだけでは止まらず、次のような発言もされました!

 

公務は公務でしっかり務め上げるが、プライベートはプライベートで『(恋人、結婚などは)このような事柄に関する質問は、今後も含めお答えするつもりはございません』

出典:Yahoo!ニュース

佳子さまは、完全に姉の眞子さまの味方といった感じです。

確かに、一般の家庭であればこのような事もあるかとは思いますが、皇室は国民の血税で成り立っているお立場でもありますから、本人の希望だけで成り立つようには簡単にはいきません。

 

女性皇族は、結婚後も元皇族として品位を保てるように、一時金として1億円を超える金額が国庫から支出されるため、「結婚には国民の祝福が必要」という秋篠宮さまのお考えは、至極当然の事であると思われます。


佳子さまの今回の発言は、皇族としてではなく一個人としての発言に聞こえてしまいますので、これが炎上の原因になってしまったようです。




今回の発言は宮内庁の助言を拒み佳子さま独断だった!

佳子さま, 批判,結婚,秋篠宮

今回の報道はこちらです。

「この内容については、事前に宮内庁の担当職員が佳子さまに修正をお願いしていました。

『一個人』という表現とともに、あからさまなメディア批判でもあり、物議を醸すと判断したからです。

ところが佳子さまは『父もしていることなのに、なぜいけないのですか』と、これまで度々持論を述べてこられた殿下を引き合いに、元の文面で押し通してしまわれたのです」

出典:Yahoo!ニュース




原因は秋篠宮家の両親の教育?

佳子さま, 批判,結婚,秋篠宮

今回の佳子さまの発言は、完全に秋篠宮さまと反対の意見でした。

これは「親のアドバイスは“聞いた方がいいと判断したことだけ聞く”」という宣言だと皇室ジャーナリストの方は語っています。

このような事態になったのは初の事のようですが、これには、佳子さまの生い立ちにも原因があるようです。

秋篠宮ご両親は、佳子さまへの教育に対しては、皇族としての「公」と「プライベート」を分けて考える教育を徹底されてきたそうです。

その結果、“公的なアドバイスは聞くけれど、私的な活動について意見を聞く必要はない”という考え方が、佳子さまに根付いてしまい、今回の発言に至ったようです。

そして、この佳子さまの発言は、秋篠宮家に重大な影響を与えていました。




「うつ病」状態の秋篠宮殿下

秋篠宮殿下, 痴呆, 鬱

さまざまな家庭崩壊状況を受けて、秋篠宮殿下に体調悪化や鬱病のの兆しがあると報じられています。

「御代替わりを控え、ただでさえお気持ちの安らぐ間もない状況で、一昨年の暮れから小室さんのお母さんの金銭問題に巻き込まれ、殿下のお疲れはピークに達しています。

そんな中で殿下は、お体の変調を訴えられ、昨年日月のお誕生日会見と前後し、人知れず宮内庁病院で診察をお受けになりました。

そこで、ご体調を整えるべく睡眠導入剤を処方されたというのです」(秋篠宮家の事情に通じる、さる関係者)

『週刊新潮』(2019.4.4号)「「佳子さま」炎上で問われる「秋篠宮家」の家庭教育」

お忍びなのに内部情報が洩れているとは、驚くべきコンプライアンス…。
また精神面でも問題抱えているようです。

「ご表情からはめっきり笑みが減り、生気のないお姿がもっぱら拝察されました。

お誕生日会見ではひどくおやつれになっておられ、新年の一般参賀でも“心ここにあらず”といったご様子でお手振りをなさっていたのです」(秋篠宮家の事情に通じる、さる関係者)

『週刊新潮』(2019.4.4号)「「佳子さま」炎上で問われる「秋篠宮家」の家庭教育」

また驚くべきことに痴呆の症状まで出ているようです。

「ご公務の準備にあたり、職員がスピーチの内容について

『このお話は加えたほうが』

『ここは省かれでもよろしいのでは』

などと細部を打ち合わせるのですが、殿下はそうした提案にもまるで聞く耳をお持ちになりません。また国際情勢などについて専門家からご聴取なさる際にも、しばしば上の空のご様子で、レクチャー後のご質問では、テーマと全く関係ないことをお尋ねになったりしているのです」(秋篠宮家の事情に通じる、さる関係者)

『週刊新潮』(2019.4.4号)「「佳子さま」炎上で問われる「秋篠宮家」の家庭教育」

どうぞ無理なさらずお休みいただきたく思います。
さらに驚くべきは、このような秋篠宮殿下の心疾患について宮邸職員も、そうしたご様子にはすでに慣れ始めているそうです…。




ネットの反応は?

佳子さまの発言に対するネットの反応をまとめてみました。

  • 可愛いとネットで言われて、本当に可愛いと思ってるんだろうな。20才超えてあひる口はキツイな。
    大人の女性としての立ち振る舞いを覚えていかないと。
  • 娘がはっきり父もやっていることだと明言したなら、秋篠宮が皇嗣にふさわしくないというこれ以上ない証明。
    息子も無理だろうな。
  • 一個人で居たいのなら皇族を抜けたらいいんじゃないですか。

  • 世間知らずの本当の箱入り娘。昔ならそれでよかったのかもしれないけど、時代も変わってきた。この方は社会に少しは出て、視野を広げることが良いと思う。ダンスばかりしていても皇族の自覚は生まれないよ。
  • ご自身のお立場を理解して欲しいです。
  • 秋篠宮家のしつけの問題だと思いました。これだから愛子天皇の話が
    出て来るのだと自覚された方が良い。高額な血税をドブに捨てている
    ような絶望感です。
  • 小室問題で秋篠宮家のイメージは
    大きく変わりましたね。以前佳子さまは
    可愛く もてはやされてた時期もあった
    ように思いますが。今は姉妹揃って皇族
    の自覚もなく、わがままなお嬢様としか
    思えません。




最後に

今回は秋篠宮家の佳子さまの「一個人の発言」についてまとめました。

令和になり、天皇も変わりましたがまだまだ日本の皇族もまだまだゴタゴタしていますね。

最後までご覧頂きありがとうございました。