話題のニュース

高田純次が接触事故で当て逃げした相手はプロの当り屋?娘は障害者か?

高田純次,当て逃げ,プロの当たり屋

タレント高田純次さんが

4月14日に首都高でポルシェを運転中に、22歳男性のAさんの車に当て逃げしたとされて被害男性が証拠の音声データを提出した。

と文春で報じられました。

被害男性のAさんによると、接触後、15分間に渡って追いかけてやっと首都高を降りたところで対応してきたのが高田純次さんだったようです。

しかし、ネット上では示談交渉成立の前に週刊誌に録音音声を売ったことなどから、『相手は当たり屋なのでは』という指摘が急増しています。

 

今回は高田純次さんについて記事にしていこうと思います!


高田純次が首都高で接触事故の当て逃げの詳細は?

首都高の接触事故の詳細はこちらです。

タレントの高田純次(72)が都内の首都高速道路で乗用車を運転中、衝突事故を起こし、運転していた相手の男性にケガをさせていたことが15日、分かった。

所属事務所によると、4月14日、浜崎橋ジャンクションの合流で、高田の車が男性の車の左後部に衝突。
高田はぶつかったことに気付かず、10分間ほど運転を続けたという。

そのまま男性も高田の車を追跡。天現寺出口から一般道に出たところで高田が車を降りると、男性からぶつかったことを知らされた。

 

男性は頸椎(けいつい)と腰椎の捻挫などで、全治2週間と診断された。
高田は事故後、警察からの聞き取り調査に応じたという。
現在は男性との間に代理人の弁護士を立てて示談交渉中という。

高田は09年にミニバイクと衝突事故を起こし、昨年3月にも信号待ちの車への追突事故を起こしている。

引用:スポニチ

 

高田純次さんが4月14日の午後6時頃、首都高でポルシェを運転中にAさん(22歳男性)の運転する車に接触しました。

当時、Aさんは自宅の千葉県から、都内にいる父親に会いにいく途中だったそうです。

そしてAさんの説明によると、Aさんが首都高の本線を直進していたところに、左側からポルシェが本線に合流してきて、その時、Aさんの車の左後部にポルシェがぶつかったそうです。

高田純次さんのポルシェは一旦、Aさんの後ろにつきましたが、すごいスピードで追い越して逃げていったそうです。


高田純次の事故の場所は?

高田純次,当て逃げ,プロの当たり屋

報道によれば、事故が起きたのは2019年4月14日。

場所は東京都港区海岸にある浜崎橋ジャンクションです。

浜崎橋ジャンクションは中央環状品川線が開通する以前は、首都高屈指の渋滞ポイントとして知られ、現在では緩和しているものの依然として交通量の多いスポットであることに変わりありません。

東京都港区海岸2丁目1
浜崎橋ジャンクション


高田純次氏と被害男性Aの録音音声やり取りは?

事故直後の高田純次さんと被害男性Aさんのやり取りはこうです。

高田さん『何ですか?』

Aさん『さっき この車に当たりましたよね?』

高田さん『当たってませんよ』

Aさん『当たって逃げましたよね』

高田さん『あなたの車が割り込んできたんできたんでしょ』

というやり取りのあと、Aさんが音声やり取りをスマホに録音していたようです。

被害男性Aさんが録音していた音声やり取りの内容は?

高田純次さんの『あなたの車が割り込んできた』との主張に、

被害男性のAさんは『割り込むなんてあり得ない。自分は本線をずっと直進していましたし、車のタイヤを覆う部分にはしっかり傷も残っており、それは高田さんも警察も確認しています』と語っています。

高田さん『これ、もちろん全部直します。それと、今20万持ってます。ダメでしょうか?それで、ある意味ナッシングって言い方おかしいですけど、お互いの気持ちが、、警察を

正直な話全く( 接触に)気がつかなかった。危ないなと思って当たって、んで』

↑ここの部分で高田さんは、気が付かなかったと言っているのに、“危ないと思って当たって”と当たったことを認める発言をしているのが矛盾していますね。これでは当て逃げ?と言われても仕方がない気もしますが。。


高田さん『またね、その場所がね、4号線の出たところで、停められないんですよ、高速の』
※音声の感じでは高田さんが少し焦っているように聞こえます。

高田さん『高速で何だろうと、走ってるうちに左側に寄る、そこのところから過ぎちゃったんですよ。
後ろについてきてるから、パッシングして。
あれ、さっきの車だ、何だろうということで、とりあえずスピード落としてハザードをつけて。

高速で停められないからそこまで来て信号で止まって僕が初めて出たんですよ。
全然、逃げたっていう感覚が全くないんですよ。

 

周りの僕の、まあ色々しがらみがありますよね、仕事のこととかね。
これから仕事が、これによってちょっとマイナスになると思うんですよ。
それ考えりゃ、今この流れの中で、もう目一杯出して100万ですよ。
僕が、今出せるのは、誰にも知られないで。
人に知られない金って意外とできないですよ。』

 

被害者Aさんの父『知られないっていうのは高田さんの都合・・』

高田さん『都合だから、ごめんなさい都合で言っちゃったから。
でもどうせなら知られないように出したいじゃない』


被害者Aさんに対する当たり屋疑惑とは?

そしてこのニュースに対して、ネット上では

『被害者のやり方が当たり屋のようだ』

『100万円の示談にも納得せず週刊誌に音声を売り込んで、一体いくら欲しいのか?』

と言った当たり屋疑惑が持ち上がっています。

被害者Aさんは弁護士の介入を拒否?

どうしてこのような疑惑が持ち上がったというと、被害者男性のAさんは、高田純次さんが弁護士を通して補償の相談をしようとしたところ、これを拒否して、『2人で話し合いをしたい』と弁護士同士のやり取りを拒否したということです。

こういう事故の場合は、弁護士を通して被害額や慰謝料の金額を決めるのは一般的な気がしますが、なぜ被害者のAさんは弁護士ではなく、高田純次さんと直接のやり取りを希望したんでしょうか?

それは、事故の直後、高田さんが『当たってませんよ』と言ったり、被害額を払わないと主張したり、接触に気が付かなかったと言ったこと、『今20万円持ってます。これである意味ナッシングということで・・』と言ったり、被害者側のAさんの運転が危なかったなどと言い出すなど、被害者Aさんが不信感を抱くような対応をしてしまったからではないでしょうか。


被害者Aさんは当たり屋ではない?

以上の理由から、被害者のAさんは当たり屋ということではなくて、事件後の高田さんの対応に不信感を抱いたため、会話記録を録音して、週刊誌に告白したものと思われます。

被害男性のAさんがツイッターを開始!

こうした疑惑の声に対して被害男性のAさんが、自身の潔白を証明するためにツイッターのアカウントを作り、誤解を解くために被害状況を説明するということです。


高田純次の娘:高田裕子に障害?嫁=勢子の現在

高田純次,娘,障害

高田さんは26歳のときに当時同じ『自由劇団』に所属していた勢子さんと結婚。

1984年には夫婦揃って『花王ソフトワンダフル』のCMに出演していましたが、現在は芸能活動などはされていないようで、詳細は不明です。

一方、2人の間には、娘さんがお二人いらっしゃいます。

 

長女は1976年生れの高田裕子さん。

次女に関しては完全な一般人のために詳細情報は公開されていません。

長女の高田裕子さんはイギリス留学を経て、ロンドンの「kei kagami Ltd」でデザイナーアシスタントとして活躍。

ネットでは、『障害』の検索ワードが出てきますが、これは彼女と同姓同名の漫画家が書いている「恋は突然に/ささやかな過ち」という作品が障害馬術の内容であると言うだけであって、高田純次さんの娘さんとは何の関係もありません。


ネットの反応は?

  • 高田純次の件観たけどアウトな発言なんやけど、被害者の方が録音してマスゴミに売るのはどうなん?当然マスゴミからお金貰ってるんやろ…
    なんかどっちもどっちww
  • 高田純次のやつ被害者のガキいくら要求したんよ…いきなり1本出しますって相当やぞ…
  • 高田純次の事故は修理費+100万払うって示談交渉してただけで5時間も警察呼ばず録音音声売った被害者も面倒な奴だな。
  • 高田純次、お金で揉み消そうとした事が表沙汰になった時のダメージ考えられんかったのか?もっと賢い人だと思ってた。ただ、被害者の録音音声を週刊誌に持ち込む行動もどうなのかね?警察に証拠として提出すればいい事だと思うけど。なんかどっちもどっちだな。
  • 事実を知らないで言わせて貰えば、高田純次さんも警察をよばないで事故を解決しようとした安直な部分はあるが、どうも相手が胡散臭いタイプの被害者に感じるのはなぜだろう?日頃から「これは金になる」って勘の働きがいい人に思えて…高田さんの対応が昔の芸能人っぽくて駄目な見本そのまんま。
  • 高田純次の当て逃げ事件の被害者の怪我大袈裟すぎて笑ったわ。あのレベルの怪我でよく運転続けられたなw
  • 高田純次の件、当て逃げというが対応してるわけだし被害者側も警察を呼んでない。高級車狙いの当たり屋という疑念も湧く。
  • 高田純次の事故の件の被害者、割と大怪我なのに5時間以上示談してたの草しかない


まとめ

いかがでしたか?

今回は、タレントの高田純次さんの接触事故について記事にしていきました!

事故自体は褒められるものではないですが、今回は当て逃げに対する当たり屋なので、今後の続報が気になりますね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です