話題のニュース

菅野完がアメリカ国外逃亡してる理由がヤバい!婦女暴行で2度犯罪逮捕!

作家菅野完,アメリカ国外逃亡,起訴,婦女暴行

2019年5月21日に作家の菅野完が女性へのわいせつ行為未遂で書類送検されたことがニュースとなり話題になっています。

菅野完さんと言えばモリカケ問題で話題になった方ですが

実はアメリカでも犯罪を犯し2度逮捕されて現在、国外逃亡中であることが分かりました。

今回はアメリカから国外逃亡している理由を紹介します。




菅野完 アメリカで2度の暴行逮捕で、国外逃亡

菅野完は日本で強制わいせつ未遂容疑で逮捕、書類送検されました。

しかし、犯罪歴はそれだけではなく、

なんと、アメリカで2度の犯罪逮捕歴があります。

そのうち1つは逮捕状が出ているのにもかかわらず、

国外逃亡しているため、いまだに国外逃亡中ということになっています。

菅野完 アメリカで1度目の犯罪・逮捕

一度目の犯罪、逮捕歴はアメリカで日本人のガールフレンドに暴行をしています。

菅野完は当時、テキサス州にある2年制の大学で学んでいました。
被害者の女性とは同居していたそうですが
1997年8月、女性の顔に電話機を投げつけるなどしてケガを負わせて逮捕されたそうです。

菅野完は起訴されましたが、公判では罪状認否をせず、そのまま結審。
裁判所は1998年5月29日、菅野完氏に対し、罰金650ドル、保護観察1年の有罪判決を下した。

彼は私に電話料金の請求書を投げ、さらに電話機を私の顔に投げつけたんです。それで大量の血が鼻から流れ出ました。
警察を呼ぼうとしましたが、彼は電話機をとりあげ、何度も私を叩き私を押し倒したので、私は叫び声を上げて隣人に助けを求めたのです

引用gendai.ismedia.jp




菅野完2度目のアメリカで犯罪・逮捕、国外逃亡

アメリカ・テキサス州で暮らしていた20年前、当時交際していた日本人女性に暴行し、けがを負わせたとして逮捕・起訴されたにもかかわらず、裁判を受けずに帰国していたこと

菅野完は保護観察中に再び犯行をおこしました。

菅野完,アメリカで逮捕、国外逃亡菅野完氏が「家族または同居人に対する傷害罪」で起訴された内容が書かれた司法関係書類のコピー。プライバシー保護のため、一部をぼかしています。

 

相手は同じガールフレンド。

「家族や同居人への傷害罪」で逮捕されますが、

釈保証業者の立て替えで2500ドルの保釈金を支払って保釈された後、1999年6月にベル郡裁判所で予定されていた公判に出廷せず、裁判前に海外逃亡して逃げてしまいました。

裁判所は9月、保釈金の没収と菅野氏を再逮捕するよう決定を下しています。

菅野完,婦女暴行,アメリカ国外逃亡菅野完氏の再逮捕を認める令状のコピー

 

ベル郡検察当局によると、この事件は終結しておらず、再逮捕状は今も有効だそうです。

まさか菅野完氏がアメリカで犯罪を犯していただけでなく、逮捕されて釈放された後にそのまま国外逃亡していたとは驚きですね。




菅野完のコメント全文

菅野完氏のアメリカでの逮捕とアメリカ国外逃亡に関するコメント全文がこちらです。

事案が発生した98年から日本帰国後にかけての数年間の記憶に関しましては、本事案、家族との死別と離別、経済的行き詰まり、ホームレス経験、その後の就職などなど、恥ずかしいことも辛いことも有為転変さまざまあり、記憶がまだらになっているのが有り体のところです。

 

これは、「20年も昔の話なので記憶が薄れた」ということではありません。

 

あくまでも、あまりに多くのことが一時に連続して起こり、またそのため記憶もまだらになっているため、あの数年間の記憶について、正確を期してお話しすることがなかなか難しいということです。

 

当該女性とコンタクトをとったことは一切ありません。
先方から当方へのコンタクトも一切ありません。

 

従いまして、現状彼女がどのような状態にいるのか、本事案や私に対してどのような感情をもっているのか、彼女の希望はなにかなどについての情報は当方の手元に一切ありません。

 

被害者の意思を確認せぬまま、当方が一方的に話をするのも適切ではないとも考えます。

 

米国現地の捜査当局が保有する資料をもとに当方の記憶を再度喚起してからでないと、固いご回答は申し上げにくいというのが実情です。




菅野完のプロフィール

菅野完のプロフィールです。

名前:菅野 完(すがの たもつ)
出身:奈良県天理市
生年月日:1974年11月11日
年齢:44歳(2019年5月現在)
職種:著作家、フリーライター、活動家

菅野完は「しばき隊」に入っていました。

「しばき隊」とは、レイシストしばき隊の略で、

右翼、ネット右翼などを民族差別主義者(レイシスト)と決めて、

それに対して攻撃(しばく)するグループでした。

ただの反日集団なのでは?という人も多数いました。




ネットの反応は

  • この人は何度もこういう事件を
    犯している。
    完全に病気であるから
    病院に入れておいた方がいい。
  • 何度も、こういう事件を起こしてる人のようですね。・・・・厳罰を!
  • 菅野完は作家ではないと思う。
    ただの活動家。
    チンピラ、ゴロツキの類。
    この人を作家として扱うのは非常に違和感ある。
  • そういやアメリカに渡航すると即刻逮捕される人だったな。
    これを機に表舞台で偉そうなこと言うのは説得力無いので止めてほしい。
  • これだけに限らずやる事なす事全てが気持ち悪いですね菅野完。
  • 人間には優れた直感がある。
    森友学園問題でこの人物が初登場したときの受け答えで、
    違和感を覚えた人は多い。

しばき隊の作家ですね。女性をしばきたかったのでしょうか。

アメリカではDVで逮捕
日本で強制わいせつ

腰とか身体が動いちゃうんだろうな ほいほい

セクハラやパワハラの報道が目立つ様になっていたのに、この人の報道は、少ないよね。
報道しない自由も 報道各社にはあるからねぇ

強姦魔は、累犯者が多い。警察・検察は、埋もれた類似の事件がないか徹底捜査を。

モリカケの時、立憲民主党はよく、菅野と連れ立ってたなあ。怪しいなあ。




最後に

菅野完氏がわいせつ容疑で逮捕されているだけでなくアメリカでも2度の逮捕、そしてアメリカから国外逃亡している理由についてまとめました。

すでに何度も犯罪を繰り返しているようなので

厳罰を望む声も多くなっていますね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です