マツコデラックス冠番組

マツコの知らない世界の小島靖久経歴は?早和果樹園のみかんジュースのようなドライフルーツ有田みかんはどこで買える?

みかんのようなドライフルーツ

2019年3月5日(火)放送の『マツコの知らない世界』では、マツコの知らないドライフルーツの世界として小島靖久さんが登場しました。

ドライフルーツ有田みかんの作り方を教えてくれましたので紹介します。

また番組内で紹介されたドライフルーツについてもどこで買えるのかを調べてまとめてみました。


小島靖久さんプロフィール

マツコのドライフルーツの世界で紹介された小島さん

名前:小島靖久(こじまやすひさ)
生年月日:不明
出身:東京都
最終学歴:慶應義塾大学
前職:ソニー・コンピュータエンタテインメント
職業:小島屋3代目店主

 

見た目は40代前後のように見えますね!

東京都出身で慶應義塾大学卒業の小島靖久さん!

小島さんは慶應義塾大学を卒業後、ソニー・コンピュータエンタテインメントに約7年勤めていました。

営業・営業戦略・マーケティングの部署を経験されてから

ドライフルーツ、ナッツ、健康食品などの商品を扱う上野アメ横にある

実家の小島屋へ戻ります。

2004年にECサイトを立ち上げると、ナッツマーケットを作り上げて業界No.1となったそうです。

ソニーで働いていた経験を活かされたんですね。

小島さんはご両親が小島屋で働いていたので、子供の頃は自宅には帰らず、小島屋のあるアメ横のお店へ行ってお母さんと一緒に帰る時まで遊んでいたそうです。

お祖父さんとお父さんが食通だった影響を受けて、小島さん自身も食への好奇心が強くなりました。

8歳の時には友達が旨いと言ったハムカツと、いつも食べているハムカツを食べ比べたい一心で、上野から王子まで自転車で行ったり。

17歳の時には美味しいウナギが食べたくて、千葉の勝浦まで自転車で行ったり・・・

食べることに子供の頃からここまでエネルギーを注げるのも、ある意味羨ましくなります。

大学時代の趣味は海外旅行で、旅行先でいろいろなものを食べることが楽しみだったそうです。

現在でも食への好奇心は変わらず、どうしても気になる商品があったら既存のルートで仕入れできなくても、チャーター便で輸入するというこだわりようです。

必ず自分の舌で試してみないと気がすまないという小島さん。

現在は創業60年にもなる、
上野アメ横小島屋の3代目店主として日々仕事に励んでいます。

小島屋の場所は?

小島屋

〒110-0005

住所:東京都台東区上野6丁目4−8

電話番号:03-3831-0091

営業日:10:00~18:30

 

マツコの知らないドライフルーツの世界で紹介された商品のお取り寄せ方法

ドライフルーツ有田みかん(早和果樹園)

香りの最高峰のドライフルーツです。

ひと噛みした後口の中で3秒転がすと

フルーツの甘味を感じやすくなります。

 

みかんの旨味を凝縮しています。

 

 

 

みかんジュースと絶賛『ドライフルーツ有田みかんお取り寄せ方法

マツコの知らない世界で紹介 マツコさんがみかんジュースと絶賛『ドライフルーツ有田みかん』のお取り寄せ方法


早和果樹園 味まろしぼり 飲むみかんセット

 

フィリピン・セブ島産 ドライマンゴー


小島屋の店主が一番美味いと思う至極のカンボジア産ドライマンゴー《500g》 

最後に

今回は「マツコの知らない世界」で「ドライフルーツ」を紹介する小島靖久さんの経歴とお店「小島屋」、紹介されるドライフルーツについて紹介しました。

番組では、黄金の食べ合わせ術や小島さんが「特にこだわっているホンモノがわかる3原則」を紹介してくれました。

普段何気なく買っているドライフルーツですが、これからは見え方が変わってきそうですね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です