気になる話

仲邑菫は日本人じゃない?在日韓国人で韓国語がペラペラ?中学校はどこ?

仲邑菫が偉業達成!

2021年3月15日仲邑菫初段が大記録を樹立されました。

囲碁の最年少棋士・仲邑菫初段(12)が15日、東京千代田区の日本棋院で打たれた第28期阿含・桐山杯 全日本早碁オープン戦 予選Bで、松原大成六段(48)に勝ち、二段昇段規定の30勝に到達し、12歳0か月で史上最年少での二段昇段を果たした。仲邑初段は1968年10月に二段に昇段した趙治勲名誉名人(64)の12歳3か月の記録を52年4か月ぶりに塗り替えた。

引用:@nifutyニュース

なんと史上最年少で二段昇段を果たしたのです。

まず、彼女は

2019年4月22日、日本におけるプロ公式戦デビューの最年少記録を樹立した。

7月8日に日本棋院関西総本部で行われた、自身公式戦2戦目となる第23期ドコモ杯女流棋聖戦予選Bでは田中智恵子四段に勝利してプロ公式戦最年少勝利(10歳4か月)を記録。

様々な記録を樹立した彼女が

今回も大記録を打ち立てました。

ニュースにも大きく取り上げられ

今後も大注目間違いなしです。

仲邑菫は日本人じゃない?両親が在日韓国人で韓国語がペラペラ?

仲邑菫は日本人じゃない?両親が在日韓国人で韓国語がペラペラ?

仲邑菫は日本人じゃない?

仲邑菫さんについて、調べますと

韓国というキーワードが引っかかってきます。

そこで、彼女は日本人ではないのではないかという

意見があります。

結論から言いまして、仲邑菫さんは日本人です。

ご両親ともプロフィールが明かされておりまして

お父様の仲邑信也さん、お母様の石井茜さんと明かされております。

お二人とも日本人ですので、仲邑菫さん本人も日本人です。

しかし、なぜ韓国と関連付けられているのでしょうか?

それは韓国語が話せるからだと思います。

仲邑菫は韓国語がペラペラ?

なんと彼女は韓国語を話すことができます。

それはなぜかといいますと

韓国で囲碁を学ばれていたからだと思います。

2017年から仲邑菫さんは

韓国と日本を往復する形で韓国で囲碁を学んでいたようです。

それから2018年(平成30年)1月に一家で韓国のソウル市に

引っ越して囲碁短期留学されました。

9歳で韓鐘振囲碁道場に通い韓国棋院の研究生になりました。

その為、韓国語を話すことができるようです。

実際にもニュースになっておりました。

 今春、史上最年少で囲碁の日本棋院のプロ棋士となる大阪市の小学4年、仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)が22日、7歳から修業を積んできた韓国・ソウルに「凱旋(がいせん)」した。韓国棋院でプロ入りを報告する記者会見に臨み、韓国語で「アンニョンハセヨ(こんにちは)」とはにかみながらあいさつ。「世界で戦える棋士になりたい」と夢を語った。

引用:朝日新聞DIGITAL

それにしても、囲碁の為に留学とはかなり期待されていたのですね。

ご両親の期待も大きかったのではないでしょうか。

留学時の努力が実り、大活躍されているのでしょう。

 

1 2 3