気になる話

すめらぎいやさかはヘブライ語?スメラミコトとの違いは?

5月1日から元号が「平成」から「令和」に変わり、新天皇が、即位されましたね!

今回、天皇彌榮「すめらぎいやさか」という意味と

ネットで話題になっている「すめらぎいやさか」がヘブライ語?という話題について
どういうコトなのか調べてみました!

すめらぎいやさか,天皇弥栄,天皇彌榮
すめらぎいやさかの意味って?天皇彌榮の読み方と込められた想いは?5月1日から元号が「平成」から「令和」に変わり、新天皇が、即位されましたね! 今回、天皇彌榮「すめらぎいやさか」という言葉を聞き、...




天皇彌榮(天皇弥栄)意味とは?

すめらぎいやさか,天皇弥栄,天皇彌榮

「天皇彌榮(天皇弥栄)」は「すめらぎいやさか」と読みます。

なぜ「天皇」と書いて「すめらぎ」と読むか、それには理由があリます。

「天皇」という文字は、普段「てんのう」と読んでいると思いますが、これは中国読み(音読み)です。

日本古来の言葉の大和言葉読み(訓読み)すると、

「すめらき」
「すめらぎ」

 

と読むことができます。

しかし「天皇弥栄」という形で使用する場合
「天皇」は「すめらみこと」ではなく「すめらぎ」と読むべきなのだそうです。

「てんのう」は中国の音であるため
祝詞などでは大和言葉を用い、訓読みするそうです。

彌は「弥」という字の旧字体です。

花が咲き誇る様子を表す字で、「ますます」という意味があります。

草木が芽吹いて生命力に満ちた3月を「弥生」と呼ぶのは、そういう理由からなんですね。

そして、榮は「栄」の旧字体です。

この漢字は、「さかえる」「繁栄する」という意味があります。

天皇彌榮の漢字を紐解くと、

「天皇の御代が末永くますます繁栄しますように」

という日本人の願の願いのこもった言葉でした。




すめらぎいやさか(天皇弥栄)はヘブライ語?

「すめらぎいやさか」って日本語なのか?
疑問に思った人も多かったのではないでしょうか。

ネットなどではヘブライ語なの?なんて声もありました。

この「すめらぎいやさか」は日本古来の言葉の大和言葉になります。

漢字で表すと「天皇弥栄」で正確には「天皇彌榮」になります。

彌榮は「イヤサカ」と読み
この「彌榮=イヤサカ」なる言葉はヘブライ語であるとの説があります。

イヤサカ=イヤーサカ
=イ + ヤーサカ。

イはヘブライ語ではOh!のようなかけ声のような意味があるそうです。
ヤーサカとは、神を示すヤハウェを示すヘブライ語。

だから、イヤーサカとは、Oh! 神よ とかけ声かけてる言葉らしいです。

それ故に、「おー!神よ」「幸あれ!」「榮あれ!」と叫ぶ声。
また、ヤーサカは八坂とも読めます。

京都の祇園には昔から祇園社があり、それが後に八坂神社に名前が変わっています。

そのため、
ヤーサカ(八坂)は、ヤハウェ(八)が翻る(=坂)の意味になります。
翻る(ヒルガエル)とは甦りの意味でもあります。

祇園はシオンでもあり、古代ヘブライの聖地の名前と同じ。
彌榮は、Oh!ヤーサカ、Oh!八坂でもあります。
彌榮なる願いを込めての言葉には深い意味があるのです。




「すめらのみこと」もヘブライ語?

またヘブライ語で「天皇(スメラミコト)」を直訳すると

「スメラ」「神を奉る」という意味になり
「ミコト」「栄光」という意味
になり

日本語と全く同じ意味になることから
ネットでは日本の天皇誕生とイスラエル民族との関りがあるのではないかと話題になっていました。

もしかしたら、日本の天皇陛下が数千年前に
大陸を渡っていき、「スメラミコト」という言葉からヘブライ語できたのかもしれませんね。




最後に

すめらぎいやさかはヘブライ語?スメラミコトの意味や読み方についてまとめました。

新天皇が即位された今日こそ、「すめらぎいやさか」を使っていきたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

すめらぎいやさか,天皇弥栄,天皇彌榮
すめらぎいやさかの意味って?天皇彌榮の読み方と込められた想いは?5月1日から元号が「平成」から「令和」に変わり、新天皇が、即位されましたね! 今回、天皇彌榮「すめらぎいやさか」という言葉を聞き、...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です