気になる話

石崎徹の年収や家族は?経歴や学歴(中学高校大学)、妻や子供を調査!

【顔画像】石崎徹議員の経歴や学歴、プロフィールは?

石崎徹議員は新潟県新潟市中央区の新潟市民病院で生まれ、東区紫竹地区で育ちました。
 
1999年に新潟市立大形中学校を卒業し、2002年に新潟県立新潟高校を卒業しました。
 
代々木ゼミナール新潟校に通った後、慶応義塾大学法学部政治学科に入学し、2007年に卒業しました。大学在学中にマックス・ヴェーバーの『職業としての政治』を読んで、政治への道に進むことを決めました。
 
2006年、国家Ⅰ種試験に合格し、2007年に財務省に入省。
 国際通貨基金等を担当したのち、2010年、国家戦略室主査を務めました。
 
2012年3月、自由民主党が行った衆議院議員総選挙の候補者公募に合格して、財務省を退職。
 
2012年12月に行われた衆議院議員総選挙に自民党公認で新潟1区から立候補しました。民主党前職の西村智奈美氏を破り、28歳で初当選しました。任期中、自由民主党青年局次長、自由民主党ネットメディア局次長、自由民主党広報戦略本部次長を歴任しました。

2014年12月に行われた衆議院議員総選挙でも新潟1区で民主党の西村智奈美氏を破り、二度目の当選を果たしました。2015年9月28日、石破派の結成に参加しています。

2017年の衆議院議員総選挙では、立憲民主党から立候補した西村智奈美氏に新潟1区で敗れましたが、重複立候補していた比例北陸信越ブロックで復活し、三回目の当選を果たしました。

石崎徹は結婚して家族(妻・嫁や子供)はいる?

現在、石崎徹議員は結婚していませんし、子供もいません。

しかし、2016年に二股交際を指摘されました。

石崎徹議員には、BSN新潟放送に勤務している女性記者と同棲中で、結婚を誓い合った女性がいたようです。

しかし、同棲中にも関わらず雇ったばかりの30代前半運転手兼秘書の方に関係を迫っていたという報道がなされました。
 
石崎徹議員と女性記者は初当選が決まった時の取材で出会い、交際するようになりました。女性記者は、子供の頃に中国から日本に来て、新潟の大学を出て、テレビ局に勤めたということです。国籍は中国籍のままで、スタイルのよい美しい方だということです。
 
2013年の夏頃から結婚を前提に同棲を始めましたが、2014年の秋には石崎徹議員の方から対外的には分かれたことにして欲しいと言ってきたそうです。
 
なお、この報道に対し石崎徹さんは、「セクハラをした事実も、二股交際の事実も一切ありません」とコメントを寄せています。

石崎徹さんの婚約者と思われる女性は、デイリー新潮によると別れる決意をしていたとのこと。

この報道が正しければ、既に女性とは破局している可能性が高いでしょう。

1 2 3