話題のニュース

100mサニブラウンハキームの父親の国籍は?母親もハーフ?日本人?

サニブラウン,100m,9秒台,親の国籍

2019年5月11日陸上男子100メートルでサニブラウン・ハキームが日本選手2人目の9秒台となる9秒99を出しましたね。

2017年に桐生祥秀さんが日本記録の9秒98に次ぐ歴代2位の好記録です。


サニブラウン選手は見た目は外国人ですが日本国籍です。

サニブラウン選手のご両親はどこの国の国籍なのか話題になっています。
今回はサニブラウン・ハキーム選手の両親の国籍について調べました。




サニブラウン・ハキームのプロフィール

サニブラウン・ハキーム,プロフィール,親の国籍

名前:サニブラウン・アブデル・ハキーム
ラテン文字:Abdul Hakim Sani Brown
国籍:日本
生年月日:1999年3月6日
出身地:福岡県
出身校:城西大学付属城西中学校・高等学校
所属:フロリダ大学
身長:188cm
体重:79kg
趣味:寝る事・ゲーム・漫画を読むこと

【ベスト記録】

100m:9秒99(日本人歴代2位)

200m:20秒32

サニブラウンハキームさんのフルネームはプロフィールにあるとおり、サニブラウン・アブデル・ハキームです。

苗字はサニブラウンで、名前はアブデル ハキームです。

ローマ字表記ではSani Brown(サニ・ブラウン)、Abdul Hakim(アブデル・ハキーム)とそれぞれ2語ずつに分かれていますよね。

日本の法律では戸籍名にアルファベットが使えないためカタカナ表記になります。

また、日本の戸籍名は苗字(氏)と下の名前(名)しかないので、サニブラウン・アブデルハキームという書き方になるんですね。

 

サニブラウン・アブデル・ハキームの名前の意味は

アブデル=司る人
ハキーム=賢い

だそうです。

「アブデル」は弟にも付けられていることから、アブデルと呼ばれることはありません。

因みに母親には「キーム」という愛称で呼ばれています。

国籍は日本

サニブラウン,100m,9秒台,親の国籍

サニブラウンさんの国籍は日本です。

サニブラウンハキームさんは、日本人なのに外見が黒人で名前にも日本語が入っていないということが話題になっています。


法的には日本語を必ず入れなくてはならないという決まりはないので問題ありません。

同じ日本人ですから外見や名前に関係なく応援したいですね。




サニブラウン・ハキームの両親と弟の国籍

サニブラウン,両親の国籍

サニブラウンハキームさんの母親と父親。弟の国籍等について見ていきましょう。

サニブラウンハキームさんの父親はガーナ人母親は日本人です。

国籍の考え方は2通りあります。

  • 血統主義:親の国籍を継承
  • 出生地主義:親の国籍に関係なく出生国の国籍を取得

ガーナも日本も血統主義を採用しているため、サニブラウン選手はガーナ国籍、日本国籍どちらも取得する事ができます。

しかし、サニブラウン選手は生まれも育ちも福岡(日本)のため、日本国籍を取得しています。

また、弟のハナン君も同じくガーナ、日本それぞれの国籍を取得できますが、20歳になるまで時間があるため、現在は両方の国籍を保有していると思われます。




サニブラウン・ハキーム選手の両親はどんな人?

サニブラウン,100m,9秒台,親の国籍

サニブラウンハキームの母親の国籍等

サニブラウンハキームさんの母親は日本人です。

サニブラウンハキーム,母親,明子,

ものすごく美人さんですよね。

名前は明子さんといいます。

フルネームはサニブラウン明子さんですね。

旧姓は伊藤さんていうらしいですよ。

元陸上短距離選手で、福岡県の宗像高校時代には100mと100mハードルでインターハイに出場しています。

高校卒業後は専門学校を出てスポーツメーカーに勤務して今に至ります。

今は自身のスプリンターとしての経験やスポーツメーカー社員としての知識を駆使して、サニブラウンハキームさんを世界的な選手に育てている最中です。




サニブラウンハキームの父親の国籍等

サニブラウン,父親,ラティフ

サニブラウンハキームさんの父親はガーナ人です。

名前はラティフ・サニブラウンさんといいます。

スポーツ選手ではありませんが、東京都内でスポーツバーを経営しています。

スポーツバーというと、サッカーの日本代表戦やプロ野球日本シリーズなどをパブリックビューイングしたりするバーですよね。

都内のどこにあるのか、ということが話題になっていますがまだ場所は判明していません。

自宅の場所は不明ですが、サニブラウン選手が通っていた城西大学付属城西高校がある豊島区内ではないかと言われています。
スポーツバーも豊島区内にあると推定して、豊島区のスポーツバーを調べてみました。

  • Ale House
  • Hearts Cafe
  • LIKE IT + K
  • Sports&Amusement Bar Parca
  • Hello Heaven
  • AquaVitae
  • アンドアール
  • #23
  • スポーツ X 肉BAR SAMURAI
  • VIVO! BEER+DINING BAR
  • DINING BAR West
  • CASA DEL GUAPO
  • February 10th
  • 俺の出番
  • BAR RUMSEE

 

たくさんありますね。

この中のどれかがサニブラウンさんの父親が経営しているスポーツバーとは言い切れませんが、東京都内のどこかにあることは確かなようです。




ネットの反応は?

サニブラウン,100m,9秒台,親の国籍
  • サニブラウンも遂に来たね。ポテンシャルは1番だと思う。あと、ここに今年は山縣も加わって欲しいな。個人の記録が高まることで、昨日は残念だったけど、より一層リレーでの金メダルの可能性が上がってくると思う。
  • やっと9秒台出ましたね、大型なランナーだしいつかは出ると思ってましたけど、これで東京オリンピックも楽しみが増えてきました。
  • サニブラウンおめでとうございます。オリンピックまであと少し。頑張れ!!

  • 素晴らしい。サニブラウン自身のポテンシャルだったら時間の問題だったかもしれないけど、これも桐生が10秒の壁を突破したから精神的なハードルが下がってるのもあるのかな?
  • おめでとうございます!!!
    でもハキーム選手のポテンシャルは正直こんなもんじゃないのは、素人から見てもわかるから、ここから1年での更なる成長を見守りながら応援したい。
  • 多田 山縣 桐生 も決勝メンバーに入るのも容易ではないなと思う。ケンブリッジとサニブラウンがいるとなると、1人は決勝レースには出られないってことだ。
  • とうとう2人目の9秒台か。サニブラウンじゃないかという声はあったけど、期待通りに結果出すのってすごいね。
  • サニブラウンやケンブリッジは体からして日本人と違うのだからいつかは出るだろう。
  • アジアの9秒台ランナーは皆、1回か2回だけの記録に留まっています。その中で一番最初に9秒台を「当たり前」にしてくれる可能性が最も高いのがサニブラウン選手だと思います。
  • 日本もいよいよ本格的に9秒台時代に突入したね。サニブラウンはまだ二十歳、これからまだまだ記録が伸びるだろうし、日本人の枠を越えた活躍を期待したい。




最後に

サニブラウン・ハキーム選手が日本人2人目の100m9秒台達成しましたね。
2017年に桐生選手が9秒台を出してからずっと待ちわびていただけに嬉しさも大きいですね。

まだサニブラウン選手も20歳なので東京オリンピックでの夢のファイナリストに向けて、これからも桐生選手と切磋琢磨してサニブラウン選手も100m日本記録更新へ向けて頑張って欲しいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です