スポーツ

【画像】玉井陸斗の腹筋の筋肉がシックスパック!すごい!経歴やコーチは誰

【画像】玉井陸斗の腹筋の筋肉がシックスパック!すごい!経歴やコーチは誰

 

昨年9月に開催された男子高飛び込み選手権で、見事最年少優勝を果たし一躍有名となった玉井陸斗さん

 

そんな玉井陸斗さんは、飛び込みの技術だけでなく腹筋が凄いと話題になっているんです!

 

なんと、玉井陸斗さんの腹筋はシックスパックになっているのだとか。

 

今回は、玉井陸斗さんの飛び込み経歴やコーチについて、またすごいと言われている腹筋を画像付きで見ていきたいと思います。

【画像】玉井陸斗の腹筋の筋肉はシックスパックで凄い!飛び込み経歴やコーチは誰?

【画像】玉井陸斗の腹筋の筋肉はシックスパックで凄い!飛び込み経歴やコーチは誰?

男子高飛び込み選手権で優勝を果たした、玉井陸斗さん。

 

腹筋がシックスパックになっていて凄いと注目を集めているようですが、一体いつ頃から飛び込みを始めたのかも気になるところですよね。

 

ここからは凄いと言われている腹筋に迫る前に、玉井陸斗さんの飛び込み経歴やコーチについてお話していきたいと思います。

 

玉井陸斗さんが、飛び込みを習い始めたのは小学1年生の頃から。

 

実はそれ以前から、宝塚市にあるJSSスイミングスクールで水泳を習っていたようですが、当時は飛び込みに全く興味がなかったのだそうです。

 

そんな玉井陸斗さんが飛び込みを始めることになったきっかけは、スイミングスクールで開催された飛び込み体験教室に参加したことなのだとか。

 

玉井陸斗さんは飛び込み体験教室で、飛び込みの気持ちよさを体感し、それまで習っていた水泳をやめて飛び込みを習い始めたといいます。

 

3歳から水泳をしているというのもすごいですが、飛び込みで気持ち良さを体感できたから、すぐに飛び込みに切り替えるというのもすごいことですよね。

 

玉井陸斗さんが飛び込みを始めた当初のコーチは、辰巳楓佳さん。辰巳楓佳さんは、高飛び込みの元世界選手権代表だった方です。

【画像】玉井陸斗の腹筋の筋肉はシックスパックで凄い!飛び込み経歴やコーチは誰?

元世界選手権代表の方に教わるなんて、本格的ですよね。

 

スイミングスクール自体が、プロ養成?のようなところなのかと思ったのですが、スイミングスクールは地元にあったごく普通の所だったと言います。

 

玉井陸斗さんは、とても素晴らしい方から教えてもらっていたこともあってか、小学5年生の頃には男子1m飛び込みで見事1位の座を手に入れることができています。

 

2018年より、コーチが辰巳楓佳さんから馬淵崇英さんへと変更。

 

馬淵崇英さんは現役の日本代表である寺内健さんや、玉井陸斗さんの以前までのコーチである辰巳楓佳さんなど、様々な選手を輩出している名コーチです。

 

玉井陸斗さんは現在日本代表として活躍している寺内健さんとも、一緒に練習するようになったのだそう。

 

寺内健さんと馬淵崇英コーチとの画像がこちら。

【画像】玉井陸斗の腹筋の筋肉はシックスパックで凄い!飛び込み経歴やコーチは誰?

左側が寺内健さんで、右側が馬淵コーチとなっています。3人共仲がよさそうですね!

 

玉井陸斗さんは昨年4月に行われた、日本室内選手権シニア大会に出場し史上最年少優勝を果たすと、9月に行われた日本選手権でも2位に大差をつけて優勝しています。

 

今年の4月に行われるワールドカップで18位以内に入れば東京オリンピックに出場できることになるため、どのような活躍を見せてくれるのかとても楽しみです。

 

【画像】玉井陸斗の腹筋の筋肉はシックスパックで凄い!

  【画像】玉井陸斗の腹筋の筋肉はシックスパックで凄い!

さてここまで、経歴やコーチについてお話ししてきました。

 

ここからは、話題となっている玉井陸斗さんの腹筋の筋肉が分かる画像をみていきましょう。

  【画像】玉井陸斗の腹筋の筋肉はシックスパックで凄い!

本当にシックスパックになっていますね!

 

まだ13歳なのに腹筋がシックスパックであるだけでなく、他の部位にも無駄な脂肪が全く見受けられなくてすごいと思います。

 

相当鍛えているのではないでしょうか。

 

このシックスパックには馬淵コーチも、高飛び込みで高得点を出すための武器になっていると評価しています。

 

腹筋は飛び込みをする上で重要な技のキレやスピード、また入水する際のブレをなくすために重要になってくる部位であるのだそう。

 

そのため腹筋を鍛え上げている玉井陸斗さんには、技のキレやスピードがあり、また入水の際にも水しぶきを上げることが少ないのだといいます。

 

シックスパックは、飛び込みをする上で重要な腹筋を鍛えていた過程でできた賜物ということですね!

 

玉井陸斗選手の練習方法や内容は?

玉井陸斗選手の練習方法や内容は?

玉井陸斗さんは最年少優勝を果たすなど、すごい実力を持っていますが、どんな練習を行なっているのでしょうか。

 

ここからは、玉井陸斗さんの練習の方法や内容について見ていきたいと思います。

 

玉井陸斗さんの練習拠点は、現在も変わらず3歳の頃から通っているJSS宝塚スイミングスクールです。

 

玉井陸斗さんはここでほぼ毎日練習を行なっています。

 

平日は学校があるため4時間半、休日は8時間みっちり練習をするのだそうです。

 

ただ、このスイミングスクールには1mと3mの飛び込み台しかありません。

 

そのため、普段は宙返り・バク宙・柔軟など基礎的な面を中心に行い、10mの飛び込み感覚を養うためにスパッティングという練習も行っているそうです。

 

そして週2回は必ず、10mの飛び込み台がある三重県の鈴鹿市まで行き、練習しているのだといいます。 

 

玉井陸斗さんは兵庫県の宝塚市在住なので、三重県の鈴鹿市までは車で2時間程度かかることになります。

 

鈴鹿市までは両親が送迎してくれているとのことで、両親もとても協力的なことが分かりますね。

 

ワールドカップも早いものであと2ヶ月に迫ってきました。

 

玉井陸斗さんは中学生ということですが、学業と並行しながら練習を毎日欠かさず行っていて、素晴らしいと思います。

 

ぜひ4月にあるワールドカップで練習の成果を発揮して、オリンピック出場への切符を手に入れて欲しいですね!