テレビ紹介

【トレース】船越英一郎の演技がヘタ過ぎてイライラ!うるさいだけ?


2019年1月からスタートの月9ドラマ「トレース 科捜研の男」が
放送されていますが
話題になるのは

船越英一郎さんの演技がうるさい! うざい! ヘタ!

と酷評されております。

原作漫画の虎丸刑事とはかなり設定も違うようで……
果たして船越英一郎さんの演技がヘタなせいで
ドラマが台無しになっているのでしょうか
検証してみました。




船越英一郎・虎丸刑事がうるさいのは演出意図?

結論から言うと船越英一郎さんの演技に関してはこの方のツイートが核心をついています。

 

ちなみに私は船越英一郎さんに怒っているのではなく、船越英一郎さんにあの演技を要求した演出になんというか、時代との合わなさを感じて悲しいわけです……あんな怒鳴らなくたって頑固だけど正義感にあふれていてでもちょっと了見が狭い人物の演技は船越さんならできますよ。

月9視聴者には馴染みがないかと思いますが
普段のドラマでは船越英一郎さんはあんなに怒鳴り散らしたりしません。
むしろ、怒鳴られる役柄でした。

無理解な上司や警察の妨害をかいくぐり
丹念に捜査をして、事件の真相に近づく探偵役を務めていました。

船越英一郎さんが

「2時間ドラマの帝王」
「サスペンスの帝王」

と呼ばれているのはあまりにも有名な話です。

それが今回は、わざわざ刑事役でしかも的外れな推理をして
錦戸亮さん扮する主人公・真野礼二に真相を解明され
お株をさらわれるという損な役回りを引き受けさせるには
それなりの意図を演出側に感じます。




テレビ版「トレース」
月9ドラマ久々の大ヒットを狙っている?

月9ではかって木村拓哉さん主演「HERO」
福山雅治さん主演「ガリレオ」がありました。
いずれも大ヒットして映画もシリーズ化しています。

最近では「コードブルー」が映画化されて大ヒットしましたが
これも10年ぶりにドラマ化されていて
最近の新機軸で月9でメガヒットしたドラマは見当たりません。

「トレース 科捜研の男」は月9から待望されていてる
新しいヒットシリーズを狙って製作されたドラマです。

原作漫画のタイトルが「トレース 科捜研法医研究員の追想」なのに対し
ドラマは「トレース 科捜研の男」
しかも、沢口靖子さん主演の「科捜研の女」を放映するシーズンにわざわざぶつけてくる念の入れよう。
そして、2時間サスペンスの帝王を引き立て役にして
事件を解決に導けば、ヒーロー感が増します。

原作漫画の真野礼二はそれほど科捜研の中で孤立してません。
かってに通常業務を逸脱するほどはみだし者でもないのです。

真野と虎丸刑事の関係もそれほど対立しているわけではありません。

そもそも、原作の虎丸刑事の年齢は40代で、ドラマの設定よりずいぶん若いのです。

「相棒」しかり「ガリレオ」「遺留捜査」しかり
探偵役の主人公は、周囲から孤立したはみだし者が多いようです。
チームのルールを破りながら、きっちり最後は事件を解決する。

より一般の推理ドラマに寄せたドラマ作りをして
真野礼二のヒーロー性を際立てようとする意図があります。

船越さんのうるさい演技は演出

船越英一郎さんの虎丸刑事はより
真野礼二の卓越した能力を引き立てる役のようですね。

例えるならば
「名探偵コナン」の毛利小五郎役です。
セルフパロディのような役まわりを船越さんは嬉々として演じているようです。

「トレース 科捜研の男」の公式サイトでも船越英一郎さんはインタビューで
長年定年間近の刑事を演じてみたかったと語っています。
月9という枠の中でサスペンスを作るチャレンジに意欲的なようです。




ネットでの反応

https://twitter.com/hisyymwniptw/status/1084791324685914114

ドラマの演出意図で変更された
船越英一郎さん演じる虎丸の設定は
あまり視聴者には受け入れられなったようですね。

視聴者あってのドラマだけに
今後設定に微妙な変化が生じるかもしれません。
でも、がなり立ててた人が急に穏やかになるのは不自然ですよね。
ドラマ的に鮮やかに展開の変化を期待したいですね。

ABOUT ME
daiki
都内に住む30歳です。 アメリカ留学を経て、日本人がもっと誇りを教育を考えねばと思い、活動開始。 日本から世界へ日本文化、英語教育、成長論などを気ままに語って行きます。 英語を学ぶと世界が広がる! 海外もガンガン行きます^^ 趣味はジョギングと読書。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です