テレビ紹介

池の水全部抜く|捕獲した魚や外来種はその後どうなる?殺処分する?

池の水全部抜く|捕獲した魚や外来種はその後どうなるの?

池の水全部抜くで魚や外来種を獲る出演者

『池の水全部抜く』で捕獲した魚や外来種の処分方法は、大きく分けて3つあります。

池の水全部抜く|捕獲した魚や外来種はその後どうなるの?①施設に引き取ってもらう

外来種によっては、施設に引き取ってもらうケースがあります。

例えば外来種のアカミミガメは、静岡県にある爬虫類を多く扱うiZooにて保護されました。

iZooでは、外来種の問題を解決するためにアカミミガメを積極的に引き取っています。

『池の水全部抜く』で見つかった外来種の多くは、人間が飼えなくなって池に捨てられたものやその子孫達ですよね。

動物園で余生を過ごす外来種もいると知れて一安心しました。

池の水全部抜く|捕獲した魚や外来種はその後どうなるの?②大学など研究所に寄付

大学をはじめとする魚や外来種の研究をしている施設に寄付される処分方法もあるようです。

研究のため、解剖される魚や外来種もいるみたいですよ。

その結果、驚くような外来種の生態が発覚することもあるみたいです。

研究結果は、ぜひ今後の外来種問題の対策に活かしてほしいですね。

池の水全部抜く|捕獲した魚や外来種はその後どうなるの?③殺処分

『池の水全部抜く』でははっきりと名言されていないものの、多くの魚や外来種は殺処分になるようです。

『池の水全部抜く』では、1000匹以上のブラックバスやブルーギルが発見されたこともあります。

そのため全部の個体を動物園や研究所に送るとなると現実的には難しいです。

そもそも外来種を捕獲したときは、

  • 保健所に許可を得る
  • 殺処分する
  • 一般廃棄物や産業廃棄物としてごみに出す

という処理をしないといけません。

外来種の数が多いので、産業廃棄物としてごみに出していると考えられますね。

悲しい話ですが、外来種は再び池に戻せないため仕方がないのかもしれません。

何かいい解決方法が見つかればいいですよね。

【↓↓↓池の水全部抜くの関連記事↓↓↓】

池の水全部抜く制作スタッフはオタク?BGMゲーム音楽、アニソン50曲まとめ

 

1 2 3