テレビ紹介

池の水全部抜く|捕獲した魚や外来種はその後どうなる?殺処分する?

池の水全部抜く|捕獲した魚や外来種は殺処分でかわいそうと話題

池の水を全て抜くで外来種を捕獲する様子

人気番組の『池の水全部抜く』ですが、魚や外来種が殺処分されることはかわいそうという声も少なくありません。

番組内では、明確に殺処分すると紹介されないためもやもやした気分になる人もいるようです。

ただ番組内で殺処分にするとは言えないですよね。

また『池の水全部抜く』では、外来種を捕獲するときの扱いが乱雑という声もありました。

出演者も殺処分前提でロケに出ている可能性が高い印象です。

外来種が生態系を壊しているとはいえ、複雑な気持ちになってしまいます。

また、殺処分するなら食べた方がいいという意見もありました。

食べられる魚に関しては、お菓子や食材加工して売り出す企画もいいと思います。

今後も『池の水全部抜く』は放送されると考えられます。

処分方法についてもう少し詳しく説明やうまい対処方法を試してみれば、世間も納得すると思いますよ。

番組の対応に期待ですね!

 

池の水全部抜く|抜いた水はどうやって戻すの?

池の水全部抜くで池の水を抜いた様子

『池の水全部抜く』で水を抜いた後は、

  • 池に水道水を入れる
  • 3日程度カルキを抜くために放置
  • 保護していた在来種の魚を放流

という流れで水を戻しています。

大変時間のかかる作業ですよね。

そのため保護していた在来種を保管しておく場所が足りず、命を落としてしまうこともありました。

 

さらに『池の水全部抜く』では、池の底にたまったヘドロなどの処理はしていないのではという噂があります。

ヘドロの処理は、業者に依頼して有料で処分してもらわないといけません。

番組も予算があるので、ヘドロの対策までは難しそうですね。

https://twitter.com/horotan3214/status/1340601056846176258

ただ、生態系を思うなら池の泥も綺麗にした方がいいのではないかという意見もありましたよ。

『池の水全部抜く』で水を抜いた後の様子を詳しく番組内で紹介してもいいかと思います。

池の水全部抜く|捕獲した魚や外来種はその後どうなる?殺処分する?まとめ

今回は、『池の水全部抜く』で捕獲された魚や外来種のその後について紹介してきました。

動物園や研究所にいくケースもあれば、殺処分になってしまう場合もあるようです。

池の水を入れ替えるため、数日かかり問題になったこともありました。

ただ、『池の水全部抜く』は在来種と外来種について考えるきっかけになるよい番組ですよね。

『池の水全部抜く』の放送を楽しみに待っている人も多いと思います。

今後、よりよい番組になるように対策を取ってほしいですね。

最後までご覧いただき有難うございました。

【↓↓↓池の水全部抜くの関連記事↓↓↓】

池の水全部抜く制作スタッフはオタク?BGMゲーム音楽、アニソン50曲まとめ

1 2 3