マツコデラックス冠番組

マツコの知らない世界の田辺玲子のうつわやお皿、茶碗はどこで買える?

マツコ・デラックス・田辺玲子・茶碗

2019年4月16日(火)放送のマツコの知らない世界では、マツコの知らない茶碗・うつわの世界として田辺玲子さんが登場しました。

「お茶碗を変えると、ご飯が劇的に美味しくなる!」と主張する

うつわ店『ももふく』の美人店主「田辺玲子」さんを紹介します。

また番組内で紹介された『ももふく』の場所やお皿やうつわをどこで買えるのかを調べてまとめてみました。




田辺玲子プロフィール

マツコ・デラックス・田辺玲子・茶碗

名前:田辺 玲子(たなべ れいこ)
生年月日:不明
在住:東京都町田市
最終学歴:4年制大学(文学部)
前職:インテリデザインコーディネーター、設計士
職業:うつわ ももふく 店主

見た目は30代後半のように見えますね!

子供の頃から空間を作ることが好きだった

という田辺玲子さん。

 

田辺玲子さんは理系が非常に苦手だったため、

大学は文学部に進学されています。

 

しかし、

どうしても建築や空間を作ることがしたいと、

大学へ通いながら専門学校へ通い始めたそうです。

 

卒業後は住宅メーカーや設計事務所で、

設計士やインテリアコーディネーターとして、

 

 

住宅、特に特注家具やキッチンの収納関係の設計、

キッチンや造作家具、内装を専門に

仕事をしていたそうです。

 

30代前半にはフリーランスとして

住宅の設計やキッチンや収納計画の仕事を

していたといいます。

 

インテリアコーディネーターとして

独立して仕事をバリバリをこなしていらっしゃったんですね!

きっとセンスが良かったからお仕事が

たくさんきたのでしょう。

 

とはいえ仕事は激務で

食事を摂る時間もないほどだったそうです。

 

「あまりの忙しさからか、食が細くなってしまった時期がありました。そのときに、たまたま買った作家物のお茶碗があって。ご飯を盛ったら、いつもと変わらず炊いた白いご飯が、なぜかとても美味しそうに見えたんです」

引用元:暮らしとおしゃれの編集室

なぜかいつものご飯が美味しく感じ、

「食器で、こんなにも違うんだ。」

と、実感した田辺玲子さん。

 

お茶碗との出会いで本来の自分を取り戻したような

瞬間だったのでしょう。

この経験から、食器の素晴らしさを世に広めたい!

と思ったそうですね。

 

また、インテリデザインコーディネーターとして、

設計を担当していましたが、

間近で職人さんが仕事をされているのを見て、

 

手仕事の面白さ、温かさを仕事を通して感じていた

そうです。

 

質のいいもの、人の手で作り出されるもののよさを

もっと知ってもらいたい。

 

食器一つでご飯が美味しくなる。

元気になれる!

こんな想いから

 

設計事務所で使用していた自宅を改装し、

兼業で和食器店「うつわ ももふく」を開店したそうです。




器店主田辺玲子の朝ごはん

これは、ブログで田辺玲子さんの朝ごはんを紹介する記事ですが、

始めたきっかけは・・・

 

「どんな器から買い揃えたらいいのか」

「使い方や組み合わせ方がわからない」

 

などというお客さんの声がきっかけだったみたいです。

そんなお客さんに、実際に田辺玲子さんが使っている様子を発信して、

こういう大きさの器には、こういうお料理が会いますよ・・・と

実際に目で見て、それをヒントとしてもらおうと思ったそうです。

 

うつわ ももふくの場所は?

東京都町田市にある「うつわ ももふく」と言うお店になります。

〒194-0013 東京都町田市原町田2-10-14-原町田ハイツ101
小田急線町田駅・JR横浜線町田駅より徒歩10分〜15分
Tel/Fax 042-727-7607
営業時間 : 12時~19時
日・月・祝休
※各種クレジットカードご利用いただけます。

https://utsuwa-momofuku.com/

 

マツコの知らない茶碗の世界で紹介された商品のお取り寄せ方法

田辺玲子の器店『ももふく』通販お取り寄せ購入はココ

 

『ももふく』のお店には平皿から小鉢、蕎麦猪口(そばちょこ)、

晩酌セット・・・・などなど様々な器があります。

シンプルで飽きのこない普段使いの器を扱っています。

 

 

通販・お取り寄せは⬇︎こちらからできます。

 

作家もの和食器の通販−うつわ ももふくOnline Shop




手軽にネット通販で購入できるうつわを紹介!

「夫婦茶碗」


九谷焼 組飯碗(夫婦茶碗)3600円
[ご飯茶碗ペアセット]

 

「和なスープカップ」


スープカップ 和 日本の伝統的な波佐見焼 モダン有田焼
ディアリオ スープボウル 3,600

最後に

今回は「マツコの知らない世界」で「お茶碗」、「うつわ」を紹介する田辺玲子久さんの経歴とお店「うつわ ももふく」について紹介しました。

普段何気なくごはんですが、お茶碗一つでこれからは見え方が変わってきそうですね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です