ドラマ

【テセウスの船】9話ネタバレあらすじと視聴率|黒幕の最終計画!スマホで無料で配信フル動画を見る方法

【テセウスの船】9話ネタバレあらすじと視聴率|みきおの罠スマホで無料で配信フル動画を見る方法

話題のTBSドラマ「テセウスの船」!8話では、和子たちも無事,

みきおの発見により、学校の体育館で見つかった。

そして、平成元年の音臼小の事件が起きなかった?計画は変更されてる!?

ストーリーが一転、二転し、ますます目が離せない展開です。

ここでは、9話のネタバレあらすじと視聴率をご紹介し、『スマホで無料で配信フル動画を見る方法』もご紹介していきます。

↓↓Paraviで31日間無料でドラマ「テセウスの船」を見る↓↓

【テセウスの船】9話ネタバレあらすじ

公式サイトより発表になっている9話のあらすじはこちら!

田村心(竹内涼真)が犯人に呼び出されて向かった文吾(鈴木亮平)の後を追うと、そこには意識不明で重体の加藤みきお(柴崎楓雅)がパトカーに残されていた。

連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。

 文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。

音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう。

心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人の執念深さを感じるのだった。

そして、文吾への恨みの原点と思われる謎のメッセージが届く。

 追い詰められた和子(榮倉奈々)が集まった記者たちに語った言葉とは!?

 そして、ラストには衝撃的な犯人の策略が待ち受けていた・・・!!

ネットの予想も盛り上がっているようです。

Twitterを覗いてみましょう。

 

もう、巷の予想では、誰が犯人でもおかしくない様です。それだけなっぞは深まるばかりですね。

 

 

↓↓Paraviで31日間無料でドラマ「テセウスの船」を見る↓↓

 

【テセウスの船】9話ネタバレ・あらすじ~前半

■みきおは文吾のパトカーの後部座席で意識不明でいるところを心が見つける。
そこに通報があったと到着する警察。

この時点で文吾が疑われている。真犯人の狙い通り、文吾が班員にされてしまう。

心が文吾の家に帰ると、そこに警察が…。

文吾への少年殺人未遂容疑がかかっていると和子に知らせる。
みきおは青酸カリ中毒で意識不明。

■そこに捜査にきた県警の監察官・馬淵(小籔千豊)ら到着し、和子の阻止を力づくで無視し、家宅捜査をする。

昔同じ署に勤務していたという馬淵、文吾とは違う種類の人間だったといい、文吾に対して敵意に近いものを持っている様子。

和子たちを拉致した犯人とみきお殺害しようとした犯人は同じはずだと心が言うが、10歳の少年が寛容していることを信じない馬淵。

■翌日の朝、文吾の家に報道関係者が押し掛ける。
対応に出た和子がもみくちゃ状態。

■その頃、文吾は目隠しをされ、拉致されている。
文吾はそこにみきおがいると思い、「自首しろ」と話しかける。その時テレビのスイッチが入り、ニュースでみきおが青酸カリ中毒で意識不明の重体と告げる報道。

文吾は現場から逃走した巡査部長として報道されている。

■すずも周りから父がみきおを殺そうとしたと聞かされ、文吾に対して怒りの様子。

「人殺しのお父さんなんてもう帰ってこなくていい!」と言い切るすず。

■心が報道陣の前に出て、文吾が事件に巻き込まれた可能性もあり、そんな人間ではないと説明する。

それを文吾もテレビで聞いている。

報道陣から心は非難を浴びる。そこに和子が報道陣の前にでて、頭を下げる。

「このたびは主人がお騒がせして、申し訳ありません。でも主人は、佐野文吾は自自分が正しくないと思う事は絶対にしません。佐野文吾はやさしく誇り高い人間だからです。」と凛とし、告げる。

文吾も拉致され、目隠しし、聞いている。

報道陣は、そう信じているのは家族だけだといわれ、和子は言い返す。

そして、まだワイワイいう、報道陣に対して「うるさい!証拠の一つでも見つけてから顔洗って出直してこい!」と怒鳴り報道陣を一喝。

文吾、再びスタンガンで気絶させられる。

■心がみきおの入院先に行く。さつきに追い返される。
「あなたの気を付ける事ね、あの善人面に騙されないように」と心に言うさつき。

■心は文吾の駐在所に戻ると、机の上に封筒、中には由紀のあのノートが…。

そのノートに挟まれていたのは…。

 

【テセウスの船】9話ネタバレ・あらすじ~中盤

■駐在所に置かれていた由紀のノートに挟まれていたチラシ。
「1977年3月19日音臼村祭」

12年前の村祭り、そしてきのこ汁の文字が目に入る。

実行委員の名前の中に校長の名前が…。

■村祭りのチラシを手に心は校長に会いに音臼小へ。

そのチラシの絵は校長が描いたという。
それ以来、村祭りはある事件のせいで行われていないという。

その事件とは…。

校長は重い口を開く。「あなたはこの12年前の村祭りが今起きている佐野さんの事件と何かしら関係があると…。

そして私にも何かしらの疑いがあると…。」そういう校長。

「しかし佐野さんも大変なことをしでかしてくれたもんだ。警察官が子供に毒を盛る、ひどい話だ。」

心がすかさず、佐野さんは犯人じゃない!というと、校長は笑って「すぐ熱くなるところは佐野さんとそっくりだ」という。

そして、「あなたは何者ですか?突然村に現れて、忽然と姿を消し、また現れる。ある時は雪崩の発生を言い当て。

あるときは誘拐事件を予言した、そのわりに森昌子も百恵ちゃんも知らない。」
心の心の声「気づいていたのか…」

校長は続ける「でもね心さん、あなたは決して嘘つきではない。人をだましたり利用したりする人間でもない。そんなところも佐野文吾そっくりだ」

心「え…?」

校長「あなたと同じ年の息子がいんですが、父親と息子ってそううまくはいかんもんです。必ず、佐野さんと救ってやってください」という校長。

そして12年前の村祭りで起こったのは「食中毒です」という校長。

炊き出しのきのこ汁にたまたま「毒キノコ」が入っていて、女性が一人亡くなったという。

その女性は、徳本(今野浩喜)の母親だという。

■心が帰った後の校長室。校長が一人でいるとそこにさつきが入ってきた。

さつきに目をやることなく校長が「やはりここにも来ましたな」という。

「みきおくんの意識はまだ戻りませんか」さつき「はい」
(その時、校長の怪しい左目のドアップ!)

■心は徳本の家に行く。

徳本は留守。
心が徳本の家の玄関先に農業用の薬品の空き瓶があるのに気づく。

■その頃文吾は、拉致現場で意識を失っている。

■徳本が裏山で草むしり?
そこに現れたスコップを持ってやってきた村人・井沢(六平直政)「もうひと頑張りだ」
徳本「図体でかいからな、あいつは…」 笑い合う2人。

■心が徳本を探している。その時、山の崖を登る、文吾の姿が…。

抱き合う2人。2人で自宅に戻る。抱き合う子供たちと文吾。抱き合う家族。

■そこにやってきたのは、徳本と井沢。
「帰って来たのか~、はらへってないか~」と明るく言う。

イノシシ分けてもらったからと子供たちの心配もしてごちそうしてくれるという。

この間のお楽しみ会の時は、訳が分からないことを言ってると思ったが、文吾が村を守ってくれる正義の味方だからという井沢。

心がこれまでどうしてたのか、文吾に聞く。

拉致されて、なぜ開放したのか文吾も分からないという。

ノートが置かれていたことを文吾に言い、音臼村祭りの話をする。

そして、今回の事件に徳本が関わっている?と言うと文吾はそれはないだろうと…。

文吾が警察署に行くという。

【テセウスの船】9話ネタバレ・あらすじ~後半

■警察署に行った文吾。

馬淵がそこにいた。取り調べられる文吾。

今日は署でゆっくりしていってくれという馬淵。

和子が電話を受け「明日の朝、迎えに行きます」と。

■その頃、みきおが目を覚ます。

■翌日、心がノートを見ている。
昔の新聞記事から文吾の自宅から青酸カリが見つかったという記事。

心は家中を探す。

■そのところ、村の路上で警察官一人、、その場に通りかかった田中正志(霜降り明星・誠也)がいる場面で、警察官が馬淵に連絡。

不信なもの発見に一報。

オイルが切れたライダー、いざ入会され殺害された茜ちゃんの隠し撮り写真、二つに折られたワープロのフロッピーディスク。

ラベルに書いている文字「駐在日誌」と…。

■文吾が署から出されようとしている。

■警察官に誰かとすれ違ったりしてないかと聞かれている田中正志。

その様子を遠巻きに見ている校長。

■文吾が署から出てくると、外では和子が待っていた。
文吾の運転で帰路。

「この先どんなことがあってもそばにいてあげるから」という和子。
■心は家中、駐在所中をさがして青酸カリがないことを確認して安心するが、そこに馬淵が現れ、佐野が使っているワープロは!?とワープロを捜査。

その中には…。

『薔薇コートは予想外に時間がかかった。
やはり『本番』は、あの薬でいこう。
計画通り、次はもっと大きい人間で試してみる』

『あの薬は手配した。
本場に向け、まずは準備だ。寝に入りに、慎重に。
誰にも邪魔はさせない。』

『翼が死んだ。
バカなヤツだが盛り上げてはくれた。
本番まであと2ヶ月。
待ちきれない』

(みきおの声で読まれる)

『今までの証拠品が村はずれに捨てた。
でも念のため、青酸カリは家の裏庭に埋めた。』

■裏庭を捜査する馬淵。

「青酸カリみ~っけ」と馬淵。
そこから出てきたのは青酸カリの瓶。

そこに帰宅の文吾と和子。

パトカー到着。

「連続殺人の容疑で逮捕する」という馬淵。

これは犯人の罠だという心。

文吾「大丈夫!何かの間違いだ!すぐ戻る」と言い、パトカーに乗せられ行ってしまう。

小藪さん演じる馬淵刑事の挙動がいちいち怖いです。そして、田中正志演じるせいやもいちいち、何かある様な顔つきが怖いです!
しかもなぜそこに?という事が多く、またまた謎が深まります。

皆怪しく見せてきた視聴者も多いですね。

 

↓↓Paraviで31日間無料でドラマ「テセウスの船」を見る↓↓

【テセウスの船】9話まとめ・判明したこととネットの評判や推測

  • 12年前の音臼村祭りでで徳本の母親がきのこ汁で死んでいる。
  • 真犯人はこれまでのすべての殺人事件を文吾のせいに使用としている。

【テセウスの船】9話の平均視聴率は?

これまでの視聴率は、こちら!
1話:11・1%
2話:11・2%
3話:11・0%
4話:11・0%
5話:11・8%
6話:13・2%
7話:14.0%
8話:15・3%

9話の平均視聴率がすでに発表されました!
8話の最高視聴率を超えていませんが、14・9%!!

真犯人への期待度の表れではないでしょうか。

 

↓↓Paraviで31日間無料でドラマ「テセウスの船」を見る↓↓

【テセウスの船】9話まとめ→無料で観る方法

【テセウスの船】の1話~8話を見逃がした方!

一気に全部まとめてみたい方に、無料で視聴できるのは「パラビ」だけです。

「Paravi」は初回登録では30日間無料!その後は月額925円(税抜)になりますが、無料体験期間だったら、いつ解約しても無料です。

この機会に利用してみてはいかがでしょうか。

「やっぱり「テセウスの船」の見逃し動画を見てみたいなぁ」

と少しでも思ったら無料視聴をお試しください!

 

こちらで今すぐに無料で「テセウスの船」を見ることができますよ。

過去の動画を一気見したり
見逃した場合は
Paraviの無料期間を利用してはいかがでしょうか。

<動画を無料視聴する方法>

①Paraviに無料登録
②無料期間中に『ドラマテセウスの船』の見放題動画を視聴
③無料期間中に解約

▼Paraviは登録31日は無料で視聴可能▼

ドラマ「テセウスの船」の関連記事

前回のあらすじ・ネタバレ
 
 
次回のあらすじ・ネタバレ

【ドラマ・テセウスの】第10話あらすじネタバレ!

出演者の関連記事
榮倉奈々の老け特殊メイクが酷い!テセウスの船の劣化化粧で炎上画像あり
榮倉奈々の老け特殊メイクが酷い!テセウスの船の劣化化粧で炎上画像あり 現在放送中のドラマ「テセウスの船」では、俳優の方々の老け特殊メイクが話題となっていますね。 中でも、榮倉奈々さんの老け特殊メイクが...
竹内涼真の演技力は上手い?下手?テセウスの船で分析してみた
竹内涼真の演技力は上手い?下手?テセウスの船で分析してみた 現在放送中のドラマ「テセウスの船」は、なんと視聴率14%という高視聴率! 高視聴率を維持しているのは作品の内容はもちろんのこと...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です