マツコデラックス冠番組

マツコの月曜から夜ふかしのショートスリーパー堀大輔は何者?短眠経歴は?

短眠実践者堀大輔
ショートスリーパー堀大輔が大丈夫?

3月4日の日テレ系の『マツコの月曜から夜ふかし』に

日本ショートスリーパー育成協会の代表の堀大輔さんが出演しました。

1日30分しか寝ないシュートスリーパーとしてVTRに出ていましたね。

今回は堀大輔さんについて調べていきたいと思います。




堀大輔さんプロフィール

ショートスリーパー堀大輔が大丈夫?

名前:堀大輔(ほりだいすけ)
ニックネーム:堀
所属事務所:GAHAKU株式会社
今後の目標:世界の求める自分自身でいたいです。
身長・体重:170cm・60kg
生年月日:1983年11月2日
血液型:O型
出身地:兵庫県尼崎市
特技:どんなことでも人の3倍は早く習得できる
休日の過ごし方:休日がないので・・・。
好きな食べ物:クリームシチュー
嫌いな食べ物:漬物
好きな場所:落ち着いた雰囲気の喫茶店
苦手な場所:音が多いところ
今まで一番感動した映画:耳をすませば
好きな言葉:自分に関係のない人への態度こそが、その人の在り方。
口癖:大丈夫、なんとかする。

日本ショートスリーパー育成協会の理事長であり、GAHAKU株式会社の代表取締役とのことですが、一体どんな経歴の方なのでしょう。

18歳で高校を卒業してから、1年ほど音楽活動をし、その後、油絵画家として喫茶店に飾る風景画や壁画などを描く。

画家としてのセンスを買われ、ギター製作会社の立ち上げのメンバーとなり、3年間ルシアー(ギター製作職人)として活動。

ギター工房を辞めた後、3年弱ほど、化学機械製作会社にて設計の仕事を行い、NHK「ためしてガッテン」に速読の達人として登場したのをきっかけに、独立。

以上のように節操なく様々な活動に手を出したことに加え、もともと1日8時間睡眠だったこともあり、時間が全く足りない状態に。

そこで、18歳から始めた睡眠の研究をもとに、25歳から短眠に挑戦し、2ヶ月で睡眠時間45分以下のショートスリーパーに。

この経験をもとに、過去8年間、1000人以上の受講生の指導を行い、政治・医学・財界など優秀な人材を多数排出している睡眠研究のプロフェッショナル。

引用:日本ショートスリーパー育成協会

もはや超人の域ですね。

ショートスリーパーとは!?

ショートスリーパーは、短い睡眠時間で健康を保っていられる人のことで、短眠者(たんみんしゃ)とも言います。

そして私たち人間には、ショートスリーパーの他にも、ロングスリーパーバリュアブルスリーパーと大きく分けて3つのグループがあるそうです。

★ショートスリーパー

  • 5時間以下の睡眠 成人の1%
  • 6時間以下の睡眠 成人の5~6%

★バリュアブルスリーパー

  • 6~9時間睡眠 80~90%(一般的で一番多い)

★ロングスリーパー

  • 9時間以上 5~10パーセント
  • 10時間以上 成人1%・小児の大部分はここ

 

ポイントは…

  • 平日だけではなく土日などの休日も同じ睡眠時間で過ごしているか
  • 上記各睡眠時間で健康で正常な生活を送れているか

平日は短眠だけど休日にはめっちゃ寝てる!という人はショートスリーパーには当てはまらないそうです。




ショートスリーパーを育成するGAHAKU株式会社の社員の平均睡眠時間は?

堀大輔さんが経営するGAHAKU株式会社は、ショートスリーパーを育成する会社です。

堀大輔さんは、日本ショートスリーパー育成協会の理事長でもあります。

朝9時に社員の皆さんが続々と出勤してこられましたが、

ショートスリーパーの会社の睡眠時間は?

 

社員の方々の睡眠時間はなんと、短い方から順に、

90分

90分

90分

3時間

3時間

3時間

社員6名の平均睡眠時間は2時間15分

日本ショートスリーパー育成協会は伊達じゃないですね…

ちなみに奥様も3時間睡眠のショートスリーパーとのことです!!

45分睡眠のショートスリーパー堀大輔さんの1日に密着!

ショートスリーパー堀大輔の睡眠時間は?

45分睡眠のショートスリーパー堀大輔さんに番組スタッフが密着していました!

午前

7:00 出社・掃除

8:00 掃除

9:00 メールチェック。返信

11:00 スタッフとの打ち合わせ 軽い運動

午後

1:00 資料作成

3:00 出版社でイベントの打ち合わせ

4:00 帰社

4:30 昼食(青汁)

ここまでは、何てことない社長さんのような印象ですね。

しかし、なんと!

5:12 仮眠をとるためいったん帰宅!!!

堀大輔の睡眠時間

どうやら、45分睡眠は、一度にとるものではないようです。そして、

5:40 就寝

5:52 起床(笑)

仮眠は、たったの12分です!しかも、なんと

目覚まし時計を使わずに!

これだけ寝ていないと、普通なら目覚ましなしでは爆睡を続けそうですが…

恐るべしですね。

午後

8:00 ショートスリーパーの授業

10:00 コンサルティング会社による研修

そんなこんなで真夜中を迎え、帰宅するかと思いきや…

11:56 趣味のボードゲーム(笑)

 

ここからが本番のようです!!

週2,3回のペースで仕事仲間や友人と深夜のボードゲーム大会をしているようです…

ショートスリーパー堀大輔はボードゲーム好き

 

なんとこれが、

朝5時まで続いたとのこと…(汗)

恐るべしですね。

ここで、長らくお待たせしました。本睡眠の時間がやって参りました。

午前

6:00 就寝

6:28 起床(笑)

たった28分の睡眠で終了してしまいました!!

 

当然、目覚まし時計は使っていません!

 

凄まじい1日ですね。これが1年365日続いているのだから驚きです。




45分睡眠の堀大輔さんが実感するショートスリーパーのメリットとは?

45分睡眠のショートスリーパーである堀大輔さんも、以前は1日8時間睡眠であったため、時間がなく運動不足だったが、ショートスリーパーとなって浮いた時間で運動を始めたところ、体脂肪率が5%も減少し、健康診断がオールAになったとのこと!

たしかに、現代の社会人は時間がないという理由で、運動不足の人が大半ですよね。

運動は、週末のゴルフだけという人が多いのではないでしょうか。

”睡眠不足は健康に悪い”というのは、もはや常識の域に達していますが、

堀大輔さんは著書や、ショートスリーパーになるためのカリキュラム”Nature sleep”において、”睡眠こそが健康に悪い“という理論を掲げていらっしゃいますが、

ショートスリーパーになってから健康診断でオールAをとられるようになったとのことで、ご自身の身体で、その理論が偽りのないものだと証明されていますね!

堀大輔さんの著書は?

堀大輔、著書

ショートスリーパー堀大輔さんは短眠の本も出しています。
この本を読むことで、誰もが短眠への一歩を踏み出せるそうです。

【内容情報】(出版社より)
睡眠関連本が多数出版され、最近でもベストセラーが出ているが、本書の著者であるショートスリーパー育成協会代表の堀氏は、それらの本に書かれている内容はいたずらに読者の不安を煽っていると語っている。たとえば、高齢になればなるほど睡眠時間が短くなるのは厚労省も認める「普通のこと」なのだが、「睡眠負債」などという“珍説”を出すことによって、不安に苛まれる高齢者が増えていると警鐘を鳴らす。本書では処女作『できる人は超短眠!』(フォレスト出版)で「寝なければ寝ないほど健康になる」「睡眠はお肌の大敵」「寝ない子は育つ」「最適な睡眠時間などない」と語り、賛否両論を巻き起こした著者が、まことしやかに報道される「睡眠の常識」や思い込みをより深く、丁寧に国内外の文献や実験データを用いて検証していく。「もっと寝ないと早死にしてしまうのではないか?」「朝早く目覚める自分は病気かもしれない」……、そんな悩みを持っている人たちにとって、逆張りで論陣を張る本書は福音となること間違いなし。

 


睡眠の常識はウソだらけ [ 堀大輔 ]




最後に

今回は

「マツコの月曜から夜ふかし」に出演していたショートスリーパー堀大輔さんについて調査しました。

また、短眠法の具体的な方法や経歴などについて調べました。

確かに寝なくて済むようになったら毎日がとても長くなりますよね。

実際に身につくのかどうか、実践してみたいものですね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です