マツコデラックス冠番組

マツコの月曜から夜ふかしのショートスリーパー堀大輔は何者?短眠経歴は?

短眠実践者堀大輔

45分睡眠の堀大輔さんが実感するショートスリーパーのメリットとは?

45分睡眠のショートスリーパーである堀大輔さんも、以前は1日8時間睡眠であったため、時間がなく運動不足だったが、ショートスリーパーとなって浮いた時間で運動を始めたところ、体脂肪率が5%も減少し、健康診断がオールAになったとのこと!

たしかに、現代の社会人は時間がないという理由で、運動不足の人が大半ですよね。

運動は、週末のゴルフだけという人が多いのではないでしょうか。

”睡眠不足は健康に悪い”というのは、もはや常識の域に達していますが、

堀大輔さんは著書や、ショートスリーパーになるためのカリキュラム”Nature sleep”において、”睡眠こそが健康に悪い“という理論を掲げていらっしゃいますが、

ショートスリーパーになってから健康診断でオールAをとられるようになったとのことで、ご自身の身体で、その理論が偽りのないものだと証明されていますね!

堀大輔さんのショートスリーパーの著書は?

睡眠の常識はウソだらけ [ 堀大輔 ]

ショートスリーパー堀大輔さん短眠の本も出しています。
この本を読むことで、誰もが短眠への一歩を踏み出せるそうです。

【内容情報】(出版社より)
睡眠関連本が多数出版され、最近でもベストセラーが出ているが、本書の著者であるショートスリーパー育成協会代表の堀氏は、それらの本に書かれている内容はいたずらに読者の不安を煽っていると語っている。

たとえば、高齢になればなるほど睡眠時間が短くなるのは厚労省も認める「普通のこと」なのだが、「睡眠負債」などという“珍説”を出すことによって、不安に苛まれる高齢者が増えていると警鐘を鳴らす。

本書では処女作『できる人は超短眠!』(フォレスト出版)で「寝なければ寝ないほど健康になる」「睡眠はお肌の大敵」「寝ない子は育つ」「最適な睡眠時間などない」と語り、賛否両論を巻き起こした著者が、まことしやかに報道される「睡眠の常識」や思い込みをより深く、丁寧に国内外の文献や実験データを用いて検証していく。

「もっと寝ないと早死にしてしまうのではないか?」「朝早く目覚める自分は病気かもしれない」……、そんな悩みを持っている人たちにとって、逆張りで論陣を張る本書は福音となること間違いなし。

 


睡眠の常識はウソだらけ [ 堀大輔 ]

 

最後に

今回は

「マツコの月曜から夜ふかし」に出演していたショートスリーパー堀大輔さんについて調査しました。

また、短眠法の具体的な方法や経歴などについて調べました。

確かに寝なくて済むようになったら毎日がとても長くなりますよね。

実際に身につくのかどうか、実践してみたいものですね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

1 2 3 4